LG化学、テネシー州にGM Ultium EVバッテリー用カソード工場を30億ドルで建設へ



ソウル — 韓国の LG Chem Ltd は火曜日、30 億ドル以上を投資して バッテリー テネシー州のカソード工場は、米国の電気自動車部品に対する需要の高まりに対応する計画を強化しています。

これは、8月に米国の新しい法律が可決されて以来、韓国企業が米国で発表した最初の主要なEV関連の投資の1つであり、自動車メーカーとバッテリーサプライヤーが調達を中国に大きく依存することでコストが不利になります.

大量生産は 2025 年後半にクラークスビル以外で開始される予定であり、工場は 850 人以上の雇用を創出すると LG Chem は声明で述べた。 この工場は、2027 年までに年間 12 万トンのカソード材料を生産する予定で、これは約 120 万台の電気自動車に電力を供給するのに十分な量です。

このニュースを受けて株価は 1.9% 上昇し、市場全般の 0.3% 下落を上回りました。

LG Chem は、新しい法律であるインフレ削減法の要件を満たすことができるように、顧客をより適切にサポートするために、鉱業会社やリサイクル会社との協力も追求していると付け加えました。

LG 化学は、ゼネラル モーターズと LG 化学の子会社である LG エナジー ソリューション (LGES) とのバッテリー合弁会社である Ultium Cells にカソード材料を供給する予定です。

Tesla Inc、Ford Motor Co、Hyundai Motor Coなどにバッテリーを供給しているLGESは先月、自動車メーカーの新しいプロジェクトを引用して、2022年の収益見通しを22兆ウォンから25兆ウォン(184億ドル)に引き上げた。

LG Chem の新工場では、ニッケル、コバルト、マンガン、アルミニウム (NCMA) の化学物質を使用したバッテリーのカソードを製造します。 約 90% がニッケルである NCMA バッテリーにより、メーカーは高価なコバルトへの依存を減らし、中国での精製と加工への露出を減らすことができます。

Benchmark Mineral Intelligence によると、中国は現在、世界のコバルト精製能力の 75% とリチウム処理能力の 50% を占めています。

GM は、Ultium ブランドのバッテリーを使用するさまざまな EV に、LG Chem の NCMA バッテリー カソードを使用すると述べています。

インフレ抑制法は、他の措置の中でも特に、来年から、米国の税額控除を受ける資格を得るために、バッテリーの重要な鉱物の金額の少なくとも 40% が米国または米国の自由貿易パートナーからのものであることを要求します。 そのシェアは 2027 年には 80% に上昇します。

現代自動車や起亜自動車などの自動車メーカーは、これまで EV 補助金の対象であった 72 車種の約 70% のクレジットを即座に終了した新しい法律によって大きな打撃を受けました。

韓国の尹淑烈(ユン・ソクヨル)大統領は今月のG20サミットで、米国のジョー・バイデン大統領に対し、韓国企業に対する差別的措置を回避するよう要請した。

バイデン氏は、法律の施行は米国経済への韓国の投資の貢献を説明する必要があると答えたと付け加えた。

コメントする