マツダ、改訂されたEV戦略で電動MX-5をほのめかす


マツダ モーター ヨーロッパのリサーチおよびオペレーション ディレクターであるクリスチャン シュルツ氏は、昨年公開されたビデオで次のように説明しています。最適なパワートレインを提供します。

「したがって、世界中のすべての場所のすべての顧客に適したパワートレインの選択のための「最も持続可能な」ソリューションはありません。」

この戦略は、同社初のバッテリー電気自動車である MX-30 から始まり、2021 年初めに発売されました。フラグシップの CX-60 SUV は今年、ガソリン プラグイン ハイブリッド パワートレインを搭載し、マイルド ハイブリッド ディーゼル バージョンが登場する予定です。 2023 年初頭。

この計画は、MX-30 のガソリン レンジ エクステンダー バージョンで継続され、純粋な電気バージョンがしばしば批判される 124 マイルの制限された航続距離を解決します。 その後、CX-80 と呼ばれる新しいモデル (3 列シートを備えた CX-60 の拡張バリアント) が、ブランドの新しいフラッグシップとして登場します。

「マルチソリューションアプローチが効果的であると信じています」と、マツダの丸本章CEOは本日記者団に語った。

戦略の第 2 段階である 2025 年から 2027 年の間に、マツダは新しいハイブリッド システムと追加のバッテリー電気モデルを導入します。

これは、11 月 10 日に作成されたユーロ 7 排出量提案に関連しており、ユーロ 6 と比較して NOx 排出量を 35% 削減し、テールパイプの微粒子を 13% 削減します。

この規則は業界全体に火をつけました。 ACEA のロビー グループの責任者で BMW の CEO である Oliver Zipse 氏は、次のように述べています。 [European] 委員会の提案は非常に限定的ですが、車両のコストが大幅に増加します。」 一方、フォードのモデル E 電気部門の欧州責任者であるマーティン・サンダー氏は、電気モデルへの移行を弱体化させるだろうと述べた。

マツダの修正戦略の最終段階である 2028 年から、同社はすべての車を電動化するための攻撃を開始します。

コメントする