英国はヨーロッパでクロッキングの発生率が最も低い


データ会社 carVertical が実施した調査によると、英国はモーター データに関してヨーロッパで最も透明性の高い国です。

英国のプラットフォームごとにチェックされたすべての車のうち、14.5% の走行距離が計測され、21% がどこかの時点で破損していました。 ただし、英国は輸入車の割合が最も低く、10.7% です。

ドイツは 2 位にランクされており、12.6% の車両がクロックされ、21.3% の車両が破損しています。 ドイツはヨーロッパ最大の自動車メーカーですが、国内の中古車の 26.8% は海外から輸入されています。

イタリアは、インデックスで破損した車の割合が最も低く、16.6% です。 時計付きの車の割合も比較的低く、11% であり、国内の車の 32.1% しか輸入されていません。

「これらの国はすべて、自動車産業の重要なプレーヤーです。 ドイツ、イタリア、フランスは多くの自動車を製造しており、輸出を通じて地域の残りの地域に中古車を供給しています」と、carVertical のコミュニケーション責任者である Matas Buzelis 氏は述べています。

フランスでのマイレージ詐欺に対する罰金は、一部の東部諸国よりも最大 10 倍高く、その結果、時計付きの車の数が少なくなり、9.6% になりました。 しかし、国の道路を走る車の 28.5% が損傷しており、これは重要です。 国は中古車の 54% を輸入しており、これはランキング上位国の中で最も高い数字です。

クロアチア、チェコ、ハンガリー、スロバキアなどの中欧諸国は、市場透明性指数の中間にランクされています。 これらの国では、輸入の普及率が高く、損傷した車両が多数あります。

チェコの中古車の半分は海外から輸入されています。 車の 51.6% が破損しており、11.4% が故障しています。

隣国スロバキアの輸入車はさらに多く、58.5% です。 車両の 57.7% が破損しており、9 台中 1 台が走行距離を記録しています。

中古車市場の状況はハンガリーでも同様で、輸入車の 52.6%、55% (破損)、12.7% (走行距離計付き) です。 時計付き車両の割合はクロアチアで最も低いものの 1 つ (10.3%) ですが、輸入車がかなりの数 (69.3%) で、車両の 56.4% が破損しています。



コメントする