マツダはEVに106億ドルを投資し、2040年までに車での死亡者ゼロを目指しています


マツダの社長兼 CEO の丸本明氏は火曜日、同社の将来について長々と語り、電動化への移行を認めた。 これはすべての主要な自動車メーカーが直面していることであり、新技術への多額の投資がなければ実現しません。

マツダの場合、値札はなんと106億ドルです。 自動車ニュース。 これには、バッテリー開発、半導体、電気駆動ユニットなどに関する企業とのパートナーシップだけでなく、研究と製造も含まれます。 ただし、一夜にして革命が起こるわけではありません。 丸本が提示した3段階の計画で概説されているマツダは、サプライチェーンの合理化と必要に応じてコスト削減を行いながら、技術の開発に取り組みます。 内燃機関のパワーは、フェーズ 1 を通じてマツダの中核に留まる 2 つ目は、2028 年に始まる第 3 段階の電化への大規模な移行です。

さらに、マツダは運転支援システムと安全システムに対してより野心的なアプローチを取っています。 同社は、人間の研究に基づいた高度なドライバー技術の開発に取り組み、乗員だけでなく近くの傍観者に対しても車両をより安全にします。

「2040年までに、マツダの新型車が自動車技術で回避できる死亡事故を起こさないことを目指しています」と丸本氏はプレゼンテーションで述べた。

マツダは、電動化の分野で他のほとんどの自動車メーカーに後れを取っています。 現在、米国で入手可能な唯一の完全電動マツダは MX-30 であり、カリフォルニアでのみ販売されています。 CX-60 は、同社初のプラグイン ハイブリッドとして今年初めに発表されましたが、米国市場では提供されていません。

丸本はまた、マツダの「ブランドエッセンス」を拡張するために、運転するのが楽しい車を作ることについて長く話しました. MX-5 ミアータが過去 30 年間で最高のエレメンタル スポーツカーの 1 つであることは否定できません。プレゼンテーションの最後に、丸本は将来の電動化バージョンのコンセプトを示すビデオを紹介しました。 しかし、マツダのEVタイムラインは10年の終わりに向かって重み付けされているため、MX-5に何が待ち構えているかを正確に知るには、少なくともあと数年はかかるでしょう.

コメントする