フォルクスワーゲン グループの販売台数の伸びが、ヨーロッパの新市場を牽引


10 月のヨーロッパの新車市場は 14% 成長し、903,533 台の新車が登録されました。

JATO Dynamics によると、この成長の一部は、フォルクスワーゲン グループの好調な業績によって説明されています。 ドイツのメーカーは 230,115 台を登録しました。これは、主にアウディ、シュコダ、クプラが牽引して 40% の販売台数の増加です。

ただし、これは、2020 年 10 月に登録された 281,700 台、および 2019 年 10 月に登録された 302,000 台 (概算) ユニットよりもかなり少ないです。

トヨタはまた、最近の発売の成功のおかげで、2019年と2020年の結果を改善し、売上高が47%増加して好成績を収めました。

フォードは、プーマとフィエスタのおかげで登録台数を 35% 増加させましたが、2019 年と 2020 年の台数にはそれぞれ 77,600 台と 60,600 台まで及ばなかったのです。

EV(BEVおよびPHEV)は全体の23%を占めています。

JATO は、販売台数が 15% 増加したにもかかわらず、これらの車両の市場シェアは 2021 年 10 月と同じままであると報告しています。

BEVの登録台数は119,600台で15%増、PHEVの登録台数は13%増の88,200台。

年初来、BEV の需要は 24% 増加し、1,103,055 台に達しました。

フォルクスワーゲンも 10 月に 12.7% の市場シェアで市場をリードしました。この数字は、フォルクスワーゲン グループ傘下の他のブランドを含めると 25% に上昇します。

ルノーは、メガーヌ E-Tech の成功によりこれに続き、ゾーイの需要は減少しました。

BMW の販売台数は、i4 と iX に牽引されて 111% 増加し、7.1% の市場シェアを持つ 3 番目に人気のある EV ブランドになりました。



コメントする