アウディ RS3 パフォーマンス エディションの最初のドライブ


これらの変更のどれも行っていないのは、RS3 の基本を微調整することです。 どんな道でも十分すぎるほどのパワーを備えた驚異的な速さのハッチバックであることに変わりはありませんが、それでもところどころ鈍い感じがします。

ボンネットの下を見ると、エンジンが前輪の前に搭載されている理由がわかります。 その結果、この世代の新しい RS トルク スプリッターにもかかわらず、常に少し重く感じられます。 これにより、システム全体の最大 50% から後輪へのトルクが分割され、トルクが外側のホイールに押し付けられ、車がドリフトする可能性があります。

スロットルとパワーを使ってノーズを動かすことができるため、過去の RS3 よりも確かにシャープになっているため、古いアウディ RS よりも遊び心がありますが、BMW M の調整機能ほどではありません。 BMW に見られる中間点のピボットは得られません。

プレイするスペースがあれば、ドリフト モードは面白いです。 それは主にばかではないので、最もハムフィストでさえ、前輪があなたをトラブルから引きずり出すことによって救出されます. 高速スライドで最も印象的だったのは、非常に大きなセーフティネットがあり、大きな自信を与えてくれるからです. それと、100m のランオフがおそらく役に立ちました。

この Performance Edition をここに持ち込まないという Audi のビジネス ケースは理解できます。 それは印象的ですが、努力を保証するほどの違いはありません。また、すでに高価な車よりも多くのお金がかかります. 私は企業が微調整を行っていることを賞賛していますが、それはほとんどそれのためであり、公式の根本的な書き直しではありません。

コメントする