ProtonのCEOであるLi Chunrong博士を含む18人のProton中国駐在員が最初のBahasa Melayuコースを修了


新しい環境とその文化に同化するための最良の方法の 1 つは、言語を学ぶことです。そのため、Proton の CEO である Li Chunrong は、CEO 自身を含む 20 人の中国人駐在員向けに Bahasa Melayu コースを開始しました。

コースは今年 4 月 14 日に開始され、バハサ メラユ学習プログラムの最初のバッチの学生のうち 18 人が語学コースの最初のレベルを修了しました。

Proton によると、この語学コースの学生は、証明書を受け取る前に、トリビア チャレンジを受け、Bahasa Melayu で短いスピーチをする必要がありました。 Proton 氏によると、60 時間の教室でのセッションを受講しただけで、すべての生徒が目覚ましい進歩を遂げました。

Proton はまた、外国人向けの Bahasa Melayu 学習プログラムを実行するために Dewan Bahasa dan Pustaka (DBP) と協力した最初の企業として、Han Culture Center Malaysia の社長である Datuk Goh Hin San から表彰された、とマレーシアの自動車メーカーは述べた。

中国との関係は、2017 年 6 月に調印されたプロトンと吉利の戦略的パートナーシップから生じました。これは、中国のグループである浙江吉利 (ZGH) がマレーシアの自動車メーカーの 49.9% の株式を取得することを目的としており、これにより中国人もプロトンの仲間入りを果たしました。 Proton 初の SUV である X70 は、吉利博越をベースとした Proton-Geely 提携による最初の製品でもありました。



コメントする