ヨーロッパの 2023 ホンダ シビック タイプ R – 329 PS、420 ​​Nm の 2.0L VTEC ターボ。 6MT; ホンダセンシング; fr RM216k


まったく新しいホンダ シビック タイプ R の公式価格がヨーロッパ向けに明らかになり、FL5 世代の小売価格は 46,995 ユーロ (RM216,010) です。 ホンダ ヨーロッパによると、11 月 30 日に受注が開始され、最初の顧客への納車は来年 1 月から行われる予定です。

最新のシビック タイプ R は、昨年 7 月に初めてデビューし、FK8 世代モデルで使用された K20C1 の更新バージョンを搭載しています。 FL5 の 2.0 ターボチャージャー付き 4 気筒エンジンは、少なくともヨーロッパでは、6,500 rpm で 329 PS、2,500 ~ 4,000 rpm で 420 Nm のトルクを発揮し、これまでで最もパワフルなシビック タイプ R となっています。わずか 5.4 秒、最高速度は 275 km/h です。

ホンダヨーロッパは、背圧を減らし、エンジンをより効率的に実行できるようにしながら、前のモデルよりも排気流量を13%増加させるストレート排気システムについての言及など、そのリリースに多くの技術的詳細を含めました.

新しい排気システムは、排気ガスの流れをさらに増加させるアクティブバルブを備えた新しく設計されたトリプル出口キャットバックも備えており、聴覚を改善してドライバーの関与を高めるためのサウンドモジュレーションの強化も伴います。

その他の変更点には、新しいグリルとフロント バンパー デザインによって提供される 48% 大きい開口部と連動する、継続的な頻繁な使用中の温度制御と冷却を改善するためのアップグレードされたラジエーターが含まれます。 また、エアインテークも大径化することで吸気流量を10%アップさせ、点火時期制御やVTC(Variable Timing Control)などのエンジンコントロールシステムを見直し、加速時のスロットルレスポンスを向上させている。

強化されたミルは、ヘリカルタイプのリミテッドスリップデフと6速マニュアルトランスミッションを介して前輪を駆動します.6速マニュアルトランスミッションは、高剛性レバー、最適化されたシフトゲートパターンとスプリングレート、および改訂されたもので改善されました.レブマッチシステム。 フライホイールは 18% 軽量化され、慣性が 25% 減少し、VTEC ターボの応答性にさらに貢献しています。

シャシーは、ホイールベースを35mm延長し、トレッドをワイド化し、接着剤を3.8倍使用することでリアボディ剛性を15%アップ。 その他、アルミボンネットは従来モデルのスチールパネルより43%、樹脂製テールゲートは従来モデルより20%軽量化。

形状と剛性が最適化された新しいロア サスペンション アームを備えた改訂された 2 軸フロント サスペンションは、キャンバー剛性の 16% 増加を達成するのに役立ち、電動パワー ステアリング コラム用のより大径で剛性が 60% 高いトーション バーと結合されます。 .

キットに関しては、ヨーロッパのシビック タイプ R には、自動 LED ヘッドランプ、19 インチのマット ブラック ホイール (特注の 265/30 Michelin Pilot Sport 4S タイヤ)、9 インチの Honda Connect タッチスクリーン インフォテインメント システム (Android Auto 付き) が付属しています。 、Apple CarPlay、Honda LogR 2.0)、8 つのスピーカー、10.2 インチのデジタル インストルメント クラスター、デュアルゾーン クライメート コントロール、キーレス エントリーとスタートを備えています。

ホンダ センシング スイートは標準装備で、前方衝突警告システム、衝突軽減ブレーキ システム (CMBS)、クロス トラフィック モニター、ブラインド スポット インフォメーション システム、車線維持支援システム (LKAS)、道路逸脱軽減システム、アダプティブ クルーズ コントロール (ACC)、交通標識認識と自動ハイビーム。 これらは、8 つのエアバッグと一連のパッシブ セーフティ システムに加わります。



コメントする