2023 日産エクストレイルの価格と仕様 – 更新


待望の4代目 日産エクストレイル 今年の第 4 四半期についにオーストラリアに到着します。 オンロード費用前の $36,750.

12 月 1 日更新: この記事はもともと 7 月 11 日に掲載されたものですが、オーストラリアでの最初のレビューを公開したばかりなので、再びホームページに掲載しました。 車は出品中です。

米国市場の形で世界的に公開されてから 2 年以上が経過した新しい X-Trail は、オーストラリアで最も人気のある SUV の 1 つとして長く使用されてきた先代モデルを大幅に改善することを約束しています。

価格が上昇しています – 2022年に他に何を期待していましたか? –しかし、テクノロジーのレベルも同様であり、デザインは著しく現代的です. 実際、日産は新しいエクストレイルを「これまでで最も先進的なSUV」と呼んでいます。

日産は、トヨタ RAV4、マツダ CX-5、三菱アウトランダー (基盤を共有)、起亜スポーテージ、ヒュンダイ ツーソン、スバル フォレスターの 4 つの仕様グレードと前輪駆動と全輪駆動の両方を競合他社に提供します。

もっと: 日産オーストラリアのショールームは、はるかに新しくなりつつあります

価格

ベースグレードはSTとST-Lの2グレードで、前輪駆動(2WD)・5人乗りを標準設定。 それぞれに全輪駆動 (AWD) と 7 席のオプションがあり、合わせて約 3000 ドルの追加料金がかかります。 7人乗り2WDのグレードはなくなりました。

フラグシップのTiとTi-LグレードはデフォルトですべてAWDですが、5シートしかありません。 混乱している?

2023年日産エクストレイルの価格

  • ニッサン エクストレイル ST 2WD 5人乗り: $36,750 (4085 ドルアップ)
  • 日産 エクストレイル ST AWD 7人乗り: $39,790 (5125 ドルアップ)
  • ニッサン エクストレイル ST-L 2WD 5人乗り: $43,190 (4515 ドルアップ)
  • Nissan X-Trail ST-L AWD 7人乗り: $46,290 (5615 ドルアップ)
  • Nissan X-Trail Ti AWD 5人乗り: $49,990 (3875 ドルアップ)
  • Nissan X-Trail Ti-L AWD 5人乗り: $52,990 (新グレード)
  • ニッサン エクストレイル タイ e-Power with e-4orce: $54,190 (新グレード)
  • ニッサン エクストレイル Ti-L e-Power with e-4orce: $57,190 (新グレード)

オンロード費用の前の価格、ドライブアウェイ価格は郵便番号によって異なります。

ドライブトレイン

ローンチ時に利用できるエンジンは 1 つだけです。 2.5リッター自然吸気ガソリン4気筒 生産 135kW パワーと6000rpmの 244Nm 3600rpmで。

これらの出力は旧モデルより 9kW と 18Nm 向上し、牽引能力はブレーキ付きで 500kg 増加して 2000kg になりました。

新しい「マルチモード」オンデマンド AWD オプションには、選択可能なエコ、スタンダード、スポーツ モードに加えて、5 つの異なるトラクション モードとアルゴリズムがあり、ビチューメン、土、氷、雪のドライブトレインとスタビリティ コントロールを準備します。 ヒルディセントコントロール機能もあります。

X-Trail e-Power ハイブリッドは 2023 年に登場します。詳しくはこちらをご覧ください。

燃費

日産は、エントリーレベルのSTが平均して 100kmあたり7.4~7.8L (2WD-4WD)、より高いグレードのTiおよびTi-Lバリアントは消費します 7.8L/100km 複合サイクルで。

燃料タンクは55L。

燃料消費を抑えながらエクストレイルからかなりのパンチを求める人のために、次期 e-Power ハイブリッドは 6.1L/100km を使用すると主張しています。

寸法とシャーシ

5 人乗りの X-Trail のラゲッジスペースは最大で 585 リットルですが、7 人乗り構成では 465 リットルに減少します。 また、ラゲッジエリアを区画化するための巧妙な「分割して隠す」収納システムもあります。

完全に再設計されたボディの下で、エクストレイルは、昨年市場に出回った新しい三菱アウトランダーと同じルノー・日産ア​​ライアンスCMF-Cプラットフォームを使用しています。

サスペンションは両端が独立しており、スタビライザーバーが付いています。 パワーステアリングシステムは電動です。

  • 長さ: 4680mm
  • 幅: 1840mm
  • 高さ: 1725mm
  • ホイールベース:2705mm
  • 回転円:11.1m
  • 縁石重量: 1540kg – 1672kg

より大型のキャシュカイとエンジニアリング プラットフォームを共有するまったく新しいモデルは、以前よりもわずかに短くなっていますが、幅が広く(+20mm)、高さが高く(+15mm)、後部のレッグ ルームが広くなり、後部ドアの開口部が大きくなり、後部へのアクセスと乗り降りが容易になります。

ホイールベースは変わらず2705mm。

サービスと保証

エクストレイルは日産の基準でカバーされています 5 年間、走行距離無制限の保証 5年間のロードサイドアシスト付き。 販売する場合、保証は別の所有者に譲渡することもできます。

2WD/4WD の両方のバリエーションで、10,000km または 12 か月のいずれか早い方で整備されます。 4WD モデルは、3 回目と 6 回目のサービス訪問でわずかなプレミアム (それぞれ 28 ドルと 39 ドル) が発生します。

同じエンジンを搭載した関連する三菱アウトランダーは、15,000km のインターバルを提供しています。

エクストレイル 2WD:

  • 10,000km/12 ヶ月: $363.00
  • 20,000km/24 ヶ月: $469.00
  • 30,000km/36 ヶ月: $504.00
  • 40,000km/48 ヶ月: $587.00
  • 50,000km/60ヶ月: $409.00
  • 60,000km/72 ヶ月: $657.00

エクストレイル 4WD:

  • 10,000km/12 ヶ月: $363.00
  • 20,000km/24 ヶ月: $469.00
  • 30,000km/36 ヶ月: $532.00
  • 40,000km/48 ヶ月: $587.00
  • 50,000km/60ヶ月: $409.00
  • 60,000km/72 ヶ月: $696.00

安全性

新しいエクストレイルのスコア 5 つ星の ANCAP 安全性評価 2021年に同じプラットフォームを共有する日産キャシュカイ姉妹モデルの衝突試験に基づく。 評価は、ガソリンと今後のハイブリッドモデルを含むすべてのバリエーションをカバーしています.

X-Trail は、大人の乗員保護で 91%、子供の乗員保護で 90%、脆弱な道路利用者で 74%、安全支援で 97% のスコアを獲得しました。

全グレードに標準装備:

  • 自律緊急ブレーキ (AEB)
    • 歩行者、自転車検知
    • ジャンクションアシスト
    • 歩行者検知付きリバースAEB
  • ブラインドスポットアシスト
  • 車線逸脱警報
  • レーンキープアシスト
  • 交通標識認識
  • 自動ハイビーム
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 7つのエアバッグを含むフロントセンターエアバッグ

ST-L 以上は以下を追加します。

  • アクティブレーンセンタリング機能付きプロパイロット

標準装備

ニッサン エクストレイル ST

  • 5席
  • 自動 LED ヘッドライトとテールライト
  • ステアリング ホイール パドル シフター
  • 17インチアルミホイール
  • 自動折りたたみ、加熱ミラー
  • ルーフレール
  • バックカメラ
  • リアパーキングセンサー
  • 8.0インチのタッチスクリーン
  • DAB+ラジオ
  • 6 スピーカー
  • 4 x USB ポイント (1 x USB-A、1 x USB-C 前面および背面)
  • アップル カープレイ、アンドロイド オート
  • 7.0型TFTクラスターディスプレイ
  • ファブリックシート
  • 省スペースのスペアホイール
  • AWDとオプションの7席

日産 エクストレイル ST-L 追加

  • 5席
  • プライバシーガラス
  • 18インチアルミホイール
  • フロントパーキングセンサー
  • サラウンドビューカメラ
  • デュアルゾーン気候制御
  • 合成皮革調シート
  • フロントシートヒーター
  • パワー運転席
  • フォグランプ
  • 本革巻きステアリングホイール
  • 自動防眩バックミラー
  • 後席スライド 40:20:40 可倒式
  • 「Divide-N-Hide」カーゴエリアシステム
  • レーンキープアシスト付きプロパイロット
  • AWDとオプションの7席

ニッサン エクストレイル Ti 追加

  • AWDと5人乗り
  • 19インチアルミホイール
  • パノラミックサンルーフ
  • パワーテールゲート
  • アダプティブ マトリックス LED ヘッドライト
  • デジタルルームミラー
  • レインセンシングワイパー
  • トライゾーン気候制御
  • 本革調シート
  • 12.3 インチのタッチスクリーン インフォテインメント システム
  • 衛星航法
  • ワイヤレス電話充電器
  • ワイヤレス Apple CarPlay
  • 12.3インチのデジタルインストルメントクラスター
  • 10.8インチのプロジェクションヘッドアップディスプレイ
  • パワーランバー付き助手席10ウェイパワーシート
  • アンビエント照明 (コンソールのみ)
  • オプションでツートーンブラック塗装ルーフ

日産 エクストレイル Ti-L 追加

  • ハンズフリーパワーテールゲート
  • メモリ付きリバースチルトパワーミラー
  • リモートエンジンスタート
  • 加熱されたステアリングホイール
  • キルティングナッパレザー張り
  • 運転席メモリーシートプリセット
  • 2列目外側シートヒーター付
  • リヤドアサンシェード
  • アンビエントインテリア照明(ドア)
  • チルト・トゥ・リバース付きサイドミラー
  • Bose 10スピーカーサウンドシステム
  • オプションでツートーンブラック塗装ルーフ

グレードが高いほどカラーバリエーションが豊富です。 リスト全体は次のとおりです。

  • 白一色
  • ブリリアントシルバー
  • シャンパンシルバー
  • アイボリーパール
  • ガンメタリック
  • セラミックグレー
  • カスピアンブルー
  • スカーレットエンバー
  • ダイヤモンドブラック
  • サンセットオレンジのツートーン
  • セラミックグレーのツートン
  • アイボリーパールのツートーン
  • カスピアンブルーのツートーン

MORE:日産エクストレイルのすべて
もっと: 日産オーストラリアのショールームは、はるかに新しくなりつつあります



コメントする