最新の車とバイクのニュース| インドの車とバイクのニュース


全固体電池はEV電池の容量を増やします。 充電が速いだけでなく、電解質を使用したリチウムイオン電池に比べてエネルギー密度が高く、スペース効率が高く、爆発や火災のリスクがないため、安全コンポーネントを追加する必要がありません。 それらは真空堆積装置の必要性のために重い費用がかかりますが。

画像ソース: サムスンSDI


市場調査によると、EVバッテリーはまもなくICエンジンに取って代わり、自動車産業の主流になる可能性があります。 内燃機関と競争するためには、それと同じ走行距離が必要であり、そのためには、バッテリーの数を増やす必要があります。

サムスンSDIは、2013年から中長期の全固体電池技術に取り組んでいます。全固体電池は、充電しながら1回の充電で800kmの走行距離を実現するという実験の実際的な結果を示しました。 1000回以上放電しました。 彼らによると、未知の障害物がたくさんあるかもしれませんが、彼らはそれらを克服し、信じられないほどの技術を開発するために最善を尽くします。

画像ソース: greencarreports

BMW、トヨタ、フォルクスワーゲンは、まもなく全固体電池に採用する可能性があることを示しています。 QuantumScapeと協力しているフォルクスワーゲンは、半年まで彼らの計画が使用されることを期待していません。 一方、トヨタは、プロトタイプの発表とその直後の生産開始に非常に近いと主張しています。 BMWはまた、2025年までにプロトタイプの全固体電池の計画を発表し、2030年末までに生産準備が整ったモデルを発表しました。BMWは、液体電解質化学のセルを使用した第5世代EV推進コンポーネントを発表しました。

投稿者:MitaliP。

コメントする