Rare Rides Icons: The Lincoln Mark Series Cars, Feeling Continental (Part XXIII)



今日は、マーク V の大きな B ピラーの近くで、リンカーン マーク シリーズの取材に戻ります。 前回の記事では、リンカーンのデザイナーが 1977 年に Mark IV から Mark V に切り替えるために行った外装の変更について説明しましたが、 そんなに車 休憩を取らなければならなかった(230インチ以上)をカバーするために。 ビニールとビッグ リア エンドの時が来ました。マークについてもお話しします。

前回述べたように、マークIVの後部座席の乗客のために外の世界への入り口として機能したオペラウィンドウは、次のイテレーションで大きくなりました。 楕円形のガラスはまだ金色のリンカーンのロゴで飾られており、ビニールで覆われていることを除けば、屋根の主要な装飾としての役割を果たしていました。 1977年には、マークIVに標準装備されていたビニールルーフ処理がオプションとして復活しました。

1960年以来初めて、無地の金属と塗装されたルーフがマークに標準装備されました。 ビニールで覆われた完全なルーフ処理はオプションでしたが、より一般的な選択肢は後部 3/4 キャリッジの「Landau」ルーフ処理でした。 ジバンシィ エディション車専用の 4 番目の「フォワード」ビニール オプションがありましたが、それについては後で説明します。

マーク IV よりもサイド フェンダー ラインが緩んでいたため、マーク V ルーフのビニールの量が一般的に多かった。 長くて低い外観の一部として、Mark V はリア デッキが低くなり、B ピラー メタルが多くなりました。 より鋭く折り目を付けられたフェンダーは、マーク IV よりもまとまりがあり、追加の二次的なキャラクター ライン (ピンストライプをよく着用していた) により、ボートのようには見えませんでした。

このキャラクター ラインは、テールランプの前で急激に下向きになり、バンパーとボディ下部のトリムが結合する部分で大きく垂直なエッジを形成しました。 ボディ トリム内には新しい琥珀色のリフレクターが設置されましたが、これもクラッシュ テストの理由からバンパーから離れた場所に配置されています。 上では、シャープなフェンダー ラインが抑制されたテール フィンを形成し、ポイントに達しました。

照明要素の変更で、マーク V は垂直方向のブレーキ ランプに切り替えました。 マーク IV のようにフェンダーに巻き付いていましたが、それほどではありませんでした。 各後部レンズは背の高い赤い反射板で、クロム トリムで 5 つのセクションに分かれていました。

追加のトリム リングがレンズ全体を包み込み、2 層のクロム効果を生み出しています。 追加の長方形のリフレクターランプは、トランクリッドのブレーキランプの内側に配置されました(規制に準拠するため)が、少し後付けのように見えました.

リフレクターの間には、わずかに修正されたコンチネンタル タイヤのこぶがありました。 過去のマーク車と同じように任務に復帰しましたが、マークVの実装は前任者よりも著しくトーンダウンされました. リアビューの焦点であるマーク V のハンプは、トランク リッドと同じ高さで、わずかに短くなっています。

マーク IV と V を並べて比較すると、後者の方が微妙なタイヤのこぶが見られました。 マーク IV の半円を超える半楕円形にもなりました。 リンカーンのロゴは下端ではなく中央に移動されましたが、後部のフォーカルポイントには以前と同じようにコンチネンタルブロックのレタリングが付けられていました.

トランクの下端は、以前と同じようにクローム トリムで裏打ちされ、その表面を巨大なクローム バンパーに接続していました。 マーク V のフロント バンパーのすっきりと解決された外観 (レギュレーションを追加した外観とコーナー バタリング ラムを失った) とは異なり、リア エンドはそれほど幸運ではありませんでした。 大きな金属片はまだコーナーで突き出ており、フェンダーに合うように曲がっていました.

視覚的には、マーク V のリア バンパーは、バックランプの両側にある 1 組のより統合されたバンパー ガードによって差別化されました。 鋭い観察者にとって、そのデザインはMark IVよりもわずかに背が低かった. しかし、まるで別の車のために設計されたかのように、フロント バンパーの滑らかさとは一致しませんでした。

熱心な観察者といえば、1977 年に行われたインテリアの更新と新しいマーク V に気付く人がいるでしょう。リンカーンの PLC が、1972 年にサンダーバードから借りたのと同じプラットフォームで別の世代に戻ったことを思い出してください。そのお金を節約する戦術により、リンカーンは、その現金のほとんどをマーク V のシャーシと板金に費やしました。

インテリアに足を踏み入れると、古いMark IVダッシュボードはすぐに識別でき、変更されていません。 1972 年製のサンダーバードのオーナーは、運転席と助手席の 2 つのセクションに分かれていましたが、マーク V にも慣れ親しんでいました。 1977年のステアリングホイールは、以前と同じ2本スポークでウッドカバーのデザインで、ダッシュボードに合わせてカラーコーディネートされていました。

ドライバーの前には、Mark IV と非常によく似た計器がありました。 水平ギア インジケーター ゲージの向きが入れ替わり、垂直になりました。 また、1976 年当時とまったく同じように見える大きな時計と速度計がありました。燃料計は、ギア インジケーターを考えるとダッシュの中央に配置できなかったため、右側に移動しました。

燃料計とともに、Miles To Empty デジタル表示 (’78 以降はオプション) とワイパー コントロールがありました。 このクラスターは、Mark IV の警告灯に取って代わり、計器の上に水平に配置されました。 マークVのダッシュレイアウトの違いは以上です。

助手席側のウッドトリムとグローブボックスはそのまま。 ドアパネルのレイアウトは同じで、スイッチも同じでした。 ドア プル付近のドア パネルのトリムに小さな変更がありました。全体的な形状は、1976 年の角度の付いた平行四辺形から、新たに長方形になりました。

マーク V も張り地のパターンが更新されました。 1976 年に、室内装飾品は、シートの下部に 4 つのボタン付きの四角形に分割され、シートの背もたれにさらに 4 つのボタンが付けられました。 四角形は、内部の全幅を走る材料のストリップで区切られていました. これは1977年に新しいものに更新されました ピロートップ 外観。

新しい四角いボタンのタフトがあり、1 シートあたり 8 つではなく合計 4 つになりました。 ボタンは内側の四角の隅にあり、シートの後ろにつながっていて、別の隠されたセットを暗示していました. 小さい正方形の周りには、より大きく丸みを帯びた正方形が縫い付けられており、さらに大きなクッションがシートの端を形成していました。 スリーピースのような外観。

フューチャー オブ ブロアムの決定的な瞬間に、マークは初めてシートの素材にちょっとした工夫をしました。 シートのパターンが布、革、またはデザイナー シリーズの場合はさらにわずかに異なることは、ここでは免責されなければなりません。 次回は、デザイナー シリーズの車を取り上げます。

[Images: Ford]

TTACのインサイダーになりましょう。 最新のニュース、機能、TTAC の見解、その他すべての自動車に関する真実を最初に入手してください。 ニュースレターの購読.

コメントする