アキュラ ZDX SUV はブランド初のフル EV となる – GM と共同開発、2024 年に準備完了、タイプ S パフォーマンス バリアント


アキュラは、最初のフル電動モデルの名前がアキュラ ZDX になると発表しました。 SUV は 2024 年に市場に出回る予定であり、タイプ S のパフォーマンス バリアントも登場する予定です。これは、「電動化時代におけるアキュラのパフォーマンスへの取り組みを示す」ものです。 タイプ S バッジには、米国で強い歴史があります。

ホンダのプレミアム ブランドは、ZDX が、発表されたばかりの Acura Precision EV Concept によってプレビューされた「新しい Acura デザイン ディレクションのスタイリング テーマの多く」を特徴とする最初の生産モデルになると述べています。

ZDX はゼネラル モーターズと共同開発されており、Ultium バッテリーを搭載した GM の柔軟なグローバル EV プラットフォームを利用しています。 2020 年 4 月、ホンダと GM は、デトロイトの自動車メーカーがホンダと協力して日本企業向けに 2 つの新しい EV を開発し、2024 年モデルイヤーまでに北米で発売される予定の EV コラボレーションを発表しました。GM は自動車も製造します。 .

その後、ホンダは、2 つの新しい EV に使用されるプラットフォームが、ブランドの運転特性をサポートするように設計されていることを確認するための情報を提供すると述べました。 エクステリアとインテリアのデザインもホンダが行い、他のラインナップと一貫性を持たせる。

ただし、これは一時的な措置にすぎません。 Acura は、同社独自のグローバル e:Architecture に基づいて、2026 年から追加の EV モデルを発売すると述べています。

「Acura ZDX は、2050 年までに電動化への加速的な道筋を示すものであり、2050 年にカーボン ニュートラルを達成するという当社のグローバルな目標において、Acura ブランドが果たす重要な役割です。Acura は、電化時代とタイプ S は、この方向性の頂点を表し続けるでしょう」と、アキュラ ナショナル セールス担当 AVP のエミール コルコルは述べています。

名前がおなじみの場合、それは 2009 年から 2013 年に作られた奇妙に見えるクロスオーバーで以前にアキュラによって使用されていました。 2007 年のロサンゼルス。現在、同じスタジオで新しい ZDX の設計が行われています。

2021 年 4 月、ホンダの三部敏宏 CEO は、2050 年までに製品と企業活動のカーボン ニュートラルを達成するというホンダの戦略の一環として、電動化された車の世界的な販売に関する同社のビジョンを概説しました。これは、2040 年までにバッテリー電気自動車と燃料電池電気自動車を実現するという大きな目標に向けた一歩です。

ギャラリー: アキュラ プレシジョン EV コンセプト



コメントする