トヨタ GR ヤリスが日本でトルクアップ


トヨタ そのパイントサイズを与えました GRヤリス 日本でホットハッチのトルクブースト。

新しい GR ヤリス パフォーマンス ソフトウェア 2.0 を含む日本での車へのアップグレードにより、 1.6リッターターボ3気筒エンジン.

最大トルクは 370Nm から 390Nm GRMNのように、ピーク電力は 200kW. アップグレードには、既存の GR Yaris 所有者が日本で約 1500 ドル相当の費用がかかりますが、オーストラリアではロックインされていません。

トヨタは、アップグレードが標準車の主張する 5.2 秒のスプリントを 100km/h に改善するかどうかを確認していません。

このアップグレードにより、所有者は「特別に訓練された GR コンサルタント」にアクセル、全輪駆動システム、およびステアリング チューンを運転スタイルに合わせて調整させることもできます。 なんと 27 の組み合わせが提供され、サービスの価格は約 100 ドルに相当します。

カーエキスパート は、トヨタ オーストラリアに連絡して、アップグレードがローカルで提供されるかどうかを確認しました。

オーストラリアのバイヤーにとっての GR ヤリスのステータスは不明のままです。 この車は、地元のバイヤーからの大きな需要を背景に、2021 年半ばに販売が中止されました。

当時、同社は「この非常に愛されている車両の受注をすぐに再開することを発表したい」と述べていました。

最小の GR 製品は地元で不確実な将来に直面していますが、より大きな GR カローラの兄弟はオーストラリア向けにロックされ、ロードされています。

通常の GR カローラと 2 人乗りのモリゾー エディションの両方が市場で確認されており、前者の最初の到着は 2022 年末に予定されています。

着地すると、GRスープラや近日発売予定のGR86と相まってローカル性能域に入る。

GR カローラには、220kW の出力と 370Nm のトルクを備えた 1.6 リッター ターボチャージャー付き 3 気筒エンジン (1.6 リッター) が搭載されています。 これは、そのような小さな発電所からの重大なパンチです。

MORE:すべてのトヨタカローラ



コメントする