ポルシェ タイカンがポルシェ ライド イニシアチブに参加するためにスイスを訪問


ポルシェ タイカンは、世界をより良い場所にするために世界中を旅し続けています。

持続可能性のための「Join the Porsche Ride」イニシアチブは 6 月に開始されました。 これには、全電気式のポルシェ タイカンが世界的な旅に乗り出し、各目的地に持続可能性へのアプローチを示し、環境、健康、社会的統合について人々に力を与え、教育することに焦点を当てた地域の持続可能性プロジェクトを促進することが含まれます。 ポルシェ ライプツィヒに最初に停車した後、タイカンはスイスに向かいます。スイスでは、ポルシェ シュヴァイツ AG が Procap Schweiz と協力して、障害を持つ人々を支援しています。特に、障害を持つ人々がスイスの驚くほど美しいウォーキング トレイルにアクセスできるようにするための支援を行っています。

必読: 718 ケイマン GT4 を動力とするポルシェ ラブ ストーリー

180 万人のスイス人が障害を持って生活しており、ウォーキング トレイルが障害者の多くにそのままではアクセスを制限しているという事実は大きな問題です。ポルシェとプロキャップは、GPS データや音声ガイダンスなどのさまざまな手段を通じて解決に取り組んでいます。車いす利用者の支援が必要な場所を示し、その支援を行うボランティアを提供したり、大学と協力して電動トレッキング車いすなどを作成したりするなどの措置を講じています。 オール電化ながら ポルシェ タイカン は、最大かつ最も明白な方法です。 ポルシェ ブランドはより良い世界に貢献するために進化していますが、違いを生み出すためのアプローチには他にも多くの側面があります.


出典:ポルシェ


コメントする