2023年起亜EV9がプレミアム電動レンジトッパーとしてプライミング


起亜自動車は、英国に来る前に来年初めに発表される予定の新しい EV9 電気 SUV でレンジローバーに挑戦する予定です。

起亜 EV9 は、暑い気候と寒い気候のテストを受けたヨーロッパの道路でスポットテストを行い、韓国ブランドのこれまでで最大のヨーロッパ モデルとなり、その範囲の頂点に位置します。

今年初めにコンセプトとしてプレビューされ、起亜自動車はプレミアム SUV の購入者をターゲットにすることを確認しました。 ただし、EV9 はサイズが大きいため、大量に販売する予定はありません。

テストで見られた試作品はカモフラージュされていたが、起亜自動車のヨーロッパ デザイン チーフであるグレゴリー ギョームは、このコンセプトを「クローズ プレビュー」と表現した。後部ヒンジ付き後部ドアや B ピラーの欠如など、一部の側面は生産に至ることが期待されていません。

SUV の新しい写真は、その大きなサイズ、広いフロント エンド、ほのめかされた水平方向のヘッドライトを誇示しています。

その長いホイールベース (3100mm) も明らかで、EV9 のサイズは起亜 EV6 と同じ E-GMP (Electric Global Modular Platform) で達成できる最大のサイズです。

E-GMP には 800V の電気アーキテクチャもあり、最大 350kW のレートで急速充電が可能です。

デュアルモーター、四輪駆動のレンジトッパー、およびリアアクスルに動力を供給するシングルモーターを搭載したエントリーレベルのバリエーションで発売される予定です。

重要なことに、EV9 は同社の Automode 自動運転技術を提供する最初の起亜自動車になります。 また、無線によるソフトウェア更新と機能オンデマンド (FOD) の両方を利用するように設計されています。

起亜自動車は今後、FOD をビジネスモデルの中核に据えることを目指している。 これにより、車のバリエーションを減らし、所有者が必要な特定の機能を購入できるようになる可能性があります。 他の自動車メーカーもこれに注目しています。

コメントする