メルセデス・ベンツ S500、事故後、マイバッハ S560 のように改造されました!


インドでは車の改造や改造が当たり前になりつつあります。 この傾向は、Innova と Fortuner の所有者に見られます。 彼らは通常、古い世代の Innova、Crysta、または Fortuner を新しい世代に変換して、新鮮な外観にします。 通常、これらのタイプの変更は、予算の高い車やプレミアムカーで見られます。 高級車、特にセダンを所有している人は、そのような改造を好みません。 改造された高級車はまれですが、存在しないわけではありません。 これは、メルセデス・ベンツ S クラスのオーナーがセダンをマイバッハのように改造したビデオです。

ビデオはによってアップロードされました ラジニ・チャウダリー 彼女のYouTubeチャンネルで。 このビデオでは、vlogger が、この S クラスのすべての改造を行ったガレージ所有者に話しかけます。 仕事はBASCAモーターによって行われ、車はビデオでとてもきれいに見えます. 車は実際に事故に巻き込まれ、ガレージは彼にSクラスからマイバッハへの改造を勧めました。 車に使用されている部品の一部はオリジナルのメルセデスベンツ部品ですが、その他はアフターマーケットユニットです。 この事故で、S 500 のフロント エンドは完全に破損しました。 これを最初に修正する必要がありました。

フロントエンドが修理されると、新しいフロント グリル、ヘッドランプ、バンパーが取り付けられ、このメルセデスの下部バンパー リップでさえマイバッハに似ています。 フロントグリルにもマイバッハと同様にナイトビジョンカメラを搭載。 フロントで使用される部品のほとんどはアフターマーケットですが、それらは高品質であり、プロジェクトの全体的なコストを低く抑えるのにも役立ちました. サイドプロファイルに来ると、この車の主な魅力は新しい合金ホイールです。 これらはオリジナルのマイバッハ ホイールではなく、マイバッハに似たアフターマーケット ユニットです。 これらのホイールのホイール キャップはロールス ロイスのように浮いており、メルセデス ベンツのロゴを常に上に保つのに役立ちます。

メルセデス・ベンツ S500、事故後、マイバッハ S560 のように改造されました!

この車のオリジナルのシェードはシルバーでしたが、所有者は金属片のない無地の黒いシェードを望んでいました。 この色合いは工場からも提供されていません。 これはカスタムカラーで、この色合いにより、車の小さな傷でも簡単に見ることができます。 こちらはお客様からのご依頼で制作させていただきました。 マイバッハ同様、サイドプロファイルのドア下部にクロームガーニッシュが見られる。 ただし、ボンネット、ホイール、リアのメルセデスのロゴは、マイバッハのロゴに置き換えられていません。 リアはテールランプ、バンパー、デュアルマフラー周りのクロームガーニッシュを変更。

この車のインテリアも作り直されました。 セダンは内装を張り替え。 ルーフ ライナーはすべてアルカンターラで、シートはすべて本革巻きです。 リアエンターテインメントスクリーンを制御するリモコンも車内に設置されています。 車のオリジナルのステアリングホイールは、ドイツから直接輸入された新世代のSクラスユニットに交換されました. この車で行われた作業の全体的な品質は素晴らしく見え、非常にきちんとした車です。 この変換または変更作業の総費用は、約 11 万ルピーでした。



コメントする