マヒンドラ スコーピオ-N SUV 納車が明日開始


マヒンドラは、2022 年 9 月 26 日からまったく新しい Scorpio-N SUV の出荷を開始する準備が整っています。自動車メーカーは、SUV の 100 万ルピーの予約を抱えており、少なくとも 1 年間は基本的に生産を完売しています。 新しい SUV のオンライン予約は 2022 年 8 月 15 日に開始され、30 分以内に SUV の 100 万件の予約があったため、Mahindra は予約ウィンドウを閉じなければなりませんでした。 インドでは新型スコーピオが大流行しており、予約はすでにクラシファイド広告で大規模なプレミアムで販売されています。 今日の状況では、新しいScorpio-Nには直接の競合はありません. Scorpio-N が販売されている価格帯でラダーフレームを装備した SUV は他にありませんが、重複する価格でモノコックボディの SUV が入手可能です。

マヒンドラ スコーピオ-N SUV 納車が明日開始

Mahindra は今から数か月後に新しい予約を開始しますが、需要が非常に高いため、新しい Scorpio-N を予約してから 1 年以上待つ準備をしてください. Scorpio-N は Chakan にある Mahindra の最先端工場で製造されています。 スコーピオの新しい生産施設はかなり高度な施設で、多くのロボットと機械化が行われています。 生産の品質は非常に高いようで、高品質の最終製品も期待されています. 以前は、スコーピオは自動車メーカーのナシク工場で生産されていました。 新しい SUV は現在、フラッグシップの XUV700 と並んで製造されています。

まったく新しいマヒンドラ スコーピオ-N には、2 リットルのターボチャージャー付きガソリン (mFalcon と呼ばれる) と 2.2 リットルのターボチャージャー付きディーゼル (mHawk と呼ばれる) の 2 つのエンジン オプションが用意されています。 どちらのエンジンにも、6 速マニュアルと 6 速トルク コンバーター オートマチックの 2 つのギアボックス オプションがあります。 Scorpio-N のディーゼル駆動のバリエーションは 4 輪駆動レイアウトで指定できますが、ガソリンのバリエーションは後輪駆動です。

マヒンドラ スコーピオ-N SUV 納車が明日開始

2 リットルのターボ ガソリン モーターは、マニュアル トリムで 200 Bhp-370 Nm を生成し、オートマチック トリムは 200 Bhp-380 Nm を出力します。 2.2 リッター mHawk ディーゼル – 何十年にもわたって稼働している実証済みのエンジン – は、3 つのチューニング状態で利用できます。 ベースのディーゼル マニュアル トリムは、このエンジンを 130 Bhp-300 Nm のチューニング状態で取得し、より高いマニュアル トリムは、同じモーターを 172 Bhp-370 Nm のチューニング状態で取得します。 最高級のディーゼル自動トリムは、172 Bhp-400 Nm のチューニング状態を実現します。 これらの数値により、Scorpio-N はマヒンドラがこれまでに製造した中で最も強力な Scorpio になります。

この SUV には、幅広い予算と顧客のニーズに対応する、なんと 25 種類のバリエーションがあります。 価格はRsから始まります。 ベースのディーゼルZ2トリムは11.99万ルピーで、Rsまで上がります。 最上位の Z8 ディーゼル自動 4 輪駆動トリムは 23.9 万ルピー。 現在の価格は最初の 30,000 件の予約に対してのみ有効であるため、価格はまもなく上方修正される予定です。 明らかに、マヒンドラは新しいスコーピオ-Nで大きな勝者を持っており、町には最新のマヒンドラの小切手を切る準備ができているバイヤーの数十万人ではないにしても数千人がいる.



コメントする