ブリヂストンは砂漠の低木でタイヤを作る


ブリヂストンは、10 年にわたる研究を経て、より持続可能な新たな供給源であるグアユールと呼ばれる砂漠の低木でタイヤを作り始めています。

ブリヂストンによると、メキシコ北部と米国南西部が原産のグアユールは、タイヤの製造に使用できる耐熱性のある天然ゴムの供給源です。 同社によると、天然ゴムはグアユールの枝、樹皮、根から抽出でき、既存の作付け設備で栽培できるという。

ブリヂストンのタイヤに使用するグアユールの収穫

ブリヂストンのタイヤに使用するグアユールの収穫

グアユールを栽培することは、世界の天然ゴム供給を多様化するのに役立ち、ブリヂストンは米国市場向けに現地でより多くの材料を生産することができます。 同社は 2030 年までにグアユールゴムをタイヤに使用することを望んでいますが、すでにいくつかの概念実証の段階に着手しています。

2012 年、ブリヂストンはアリゾナ州メサにグアユール加工および研究センターを建設しました。 この施設は現在、ブリヂストンが運営するアリゾナ州エルロイの農場で栽培されたゴムをオハイオ州アクロンの施設に送り、そこでタイヤに加工されます。 つまり、レーシングタイヤです。

グアユールゴム製の Firestone Firehawk IndyCar レース用タイヤ

グアユールゴム製の Firestone Firehawk IndyCar レース用タイヤ

ブリヂストンが所有する Firestone ブランドの Firestone Firehawk タイヤは、5 月のインディアナポリス 500 でデビューし、8 月初めにナッシュビルで開催された IndyCar Music City Grand Prix でレース条件で初めて使用されました。 そのレースの代替タイヤのサイドウォールには、グアユールゴムが使用されました。 これらはグリップが高くなりますが、摩耗の早いタイヤ チームは、プライマリ タイヤやレイン タイヤと一緒にストリート コースやロード コースで使用するオプションがあります。

ブリヂストンは、2023 年にレース用タイヤと乗用車用タイヤの両方でグアユール ゴムの他の可能な用途を検討しており、同社はこの材料の商品化を目指しています。 ブリヂストンのスポークスマン、デービス・アダムスは語った。 モーターオーソリティー ブリヂストンのカタログが自動車用タイヤをはるかに超えていることに注目して、同社はその最初の商用アプリケーションにどのような種類のタイヤを選択するかを発表する準備ができていません. 同社は、巨大な鉱山用トラックから飛行機まで、あらゆるものに使用されるタイヤを製造しています。

コメントする