MAN Truck & Bus は 2023 年までにマレーシア人向けのユーロ V バスの提供を開始する予定です…そしておそらく彼らの EV E-Chassis バスも


MAN 3 Axle RR5 バスシャーシ

MAN Truck & Bus (M) Sdn Bhd (MAN Malaysia) は、マレーシアで最初にユーロ V エンジンをトラックの全範囲に標準装備する自動車メーカーとなり、同社のバスにユーロ V を提供する最初の企業になることを目指します。範囲も。 この環境に優しいニュースは、MAN BAGUS で最初に発表されました。MAN BAGUS は、バス業界のキー プレーヤーが Serendah CKD 組立工場で毎年開催されるイベントです。 MAN Malaysia のマネージング ディレクターである Andrew O’Brooks 氏は、同社が 2023 年にオプションとして低排出の Euro V エンジンを導入し、バス事業者が二酸化炭素排出量を削減できるようにする計画を発表しました。

MAN 2 Axle RR3 バスシャーシ

O’Brooks 氏は、マレーシアのバス事業者が、ユーロ V エンジンを標準装備した新しい MAN トラック世代を追加することをためらわなかった輸送および物流部門の多くのカウンターパートと同様に、持続可能性の旅に参加する先見の明を持っていると確信していると述べました。彼らの艦隊。

「私は、多くの人が、より持続可能で、燃料効率が高く、排出量の少ない車両に投資することの利点を理解するだろう. 道路輸送が排出量の主な原因であるため、マレーシアが 2050 年までにカーボン ニュートラルな状態を達成するためには、業界の二酸化炭素排出量を削減するために、私たち全員が役割を果たす必要があります」と O’Brooks 氏は述べています。

e-chassis電気バスは…

「来年までにMAN e-chassisの受注も開始したいと考えていますが、それはEV充電インフラの開発に依存しており、これがマレーシア当局の主な焦点になることを望んでいます。 これらは、2050 年までにマレーシアのカーボン ニュートラル ステータスに向けた取り組みをリードすると同時に、輸送業界に環境に優しい選択肢を提供し続ける MAN マレーシアによる画期的な動きです。品質、信頼性、汎用性、柔軟性で有名です」と彼は言いました。

MAN マレーシアは、バス事業者と再会し、MAN ライオン シティ E などの公共交通機関向けのエレクトロモビリティ ソリューションの開発における世界的な傾向と MAN の成功に関する最新情報を共有する機会を得ました。この電気バスは、ヨーロッパのいくつかの都市で実際に都心部で運行されています。 、MAN Lion City Eは、長距離にも対応できることを証明しました。

MAN Msia MD Andrew O’Brooks (右から 3 番目) と顧客 @ MAN BAGUS_3

2022 年 4 月 29 日から 5 月 8 日までの大成功を収めた Electrifying Europe Tour で、MAN の電気バスはドイツのミュンヘンからアイルランドのリムリックまで約 2,500 キロメートルを走行し、その卓越した能力と信頼性を証明しました。 ただし、新しい電動シャシーがマレーシア市場で実用的な製品になるには、手ごわい課題を克服する必要があります。

第一に、ポンプの価格が比較的低い石油生産国として、大規模な電動化へのインセンティブはほとんどありません。

第二に、マレーシア政府は早ければ 2050 年までにカーボン ニュートラルの状態を達成すると約束しているにもかかわらず、実際の手順と実施プロセスは不明確なままであり、消費者が電気 PSV (公共サービス車両) に投資するインセンティブはほとんどありません。

第三に、充電ステーションと関連するインフラストラクチャへの投資と開発は、おそらく、e シャーシや CBU e バスをマレーシアに持ち込むための最大の障害です。

これらはすべて MAN Bagus で言及されました。 また、Euro V 準拠の車両を使用する場合、マレーシアが古いエンジンを使用することで立ち往生しないことも意味することを付け加えなければなりません。 製造業者は、市場の大部分がより新しい汚染の少ないシステムを使用している場合、利益を上げることができる量の古いエンジンを生産するだけでは難しいと感じるでしょう. ユーロ II を実行している 1 つの国のためだけに生産することは意味がありません。マレーシアのような国が現在の燃料基準を採用して技術に遅れずについていき、クジラや樹木をあちこちで節約するために少しでも努力することが賢明です。

電気バスの点では、地方自治体がそのような車両を採用して、輸送(公共または民間)によって引き起こされる都市や町の汚染レベルを下げる役割を果たしていることは理にかなっています。 マレーシアは石油とガスの生産国であるため、ランニングコストは実際には経済的に意味がありません。電気料金は通常、使用すればするほど料金が高くなるという規模で上昇しているからです。 そのため、排出ガスがないかもしれませんが、そのような車両を運用するための財務コストは、通常、内燃エンジンを搭載したバスを運用するよりも高くなります。

フルEVの走行には賛否両論あります。 特に貧しく発展途上国では。 しかし、それは別の日の議論です。

MAN Bus シャーシの詳細については、www.man.com.my をご覧ください。 私たちに聞かないでください、私たちはニュースを報告するだけです!

コメントする