クルーズは2つの新しい都市への拡大に照準を合わせます


ゼネラルモーターズの自動運転子会社であるクルーズの最高経営責任者は月曜日、同社がアリゾナ州フェニックスとテキサス州オースティンで事業を開始する準備をしており、自動運転技術の商業化を進めていると語った。

クルーズの創設者フォークト
Cruise の CEO である Kyle Vogt 氏は、同社は 2025 年に 10 億ドルの収益を生み出すと予想していると語った。

Cruise の CEO である Kyle Vogt 氏は、サンフランシスコでの自動運転イニシアチブの成功により、Cruise は業務を拡大できるという自信を得ることができたと語った。次の 90 日。

SFイニシアチブが成長の舞台を設定

Cruise は現在、サンフランシスコで 70 台のロボタクシーを運用しており、300,000 マイル以上の「価値の高い」アーバン マイルを蓄積しています。 これらの移動により、車両はあら​​ゆる種類の困難な運転状況に対処する必要があり、道路に敷かれたマットレス (クルーズ タクシーはただ走り回っただけ) から、緊急車両や警察車両の突然の出現まで、さまざまな困難な運転状況に対処する必要があったと Vogt 氏は述べています。

高速道路での運転や悪天候への対処が必要な市場など、自動運転車の課題である他の市場にもサービスをすぐに提供できると同氏は付け加え、Cruise の年間収益は 2025 年には 10 億ドルに達する可能性があると付け加えました。

「それは常に使用されています」と彼は言いました。 「100 マイル クラブに所属している顧客もいます」と彼は付け加えました。これは、クルーズ ロボ タクシーで少なくとも 100 マイル走行したことを意味します。 「サンフランシスコは幅が 7 マイルしかないので、それを行うのは困難です」と彼は指摘しました。

クルーズ合同会社 1
Vogt 氏によると、ロボタクシー サービスは何千人ものユーザーに利用されており、AV に対する認識は変わりつつあります。

Goldman Sachs Communicopia + Technology Conference でのプレゼンテーションで、サンフランシスコのクルーズ サービスからの顧客からのフィードバックは圧倒的に肯定的であると付け加えました。 「ほんの数か月しか経っていませんが、人々はそれを気に入っています」と Vogt 氏は述べています。 「それは本当に説得力があり、本当に共鳴しています。」

これにより、無人運転の未来がさらに身近になると彼は付け加えました。

拡大のための基盤整備

Vogt 氏はまた、Cruise は何年にもわたって成長の基盤を築いてきたと述べ、技術はますます良くなると付け加えた。 また、特に女性のお客様は、見知らぬ人と一緒に車に乗る心配がなく、ドライバーが携帯電話よりも道路に注意を払っているかどうかの心配もありません。

サンフランシスコでロボタクシー事業を開始するのに 33 か月かかりましたが、Cruise 氏は、ビジネスを組織化するための作業の多くがすでに完了しているため、年末までにフェニックスとオースティンを設立できると確信しています。 さらに、Cruise は低コストのマッピング システムを開発し、両方の都市で使用する予定です。

将来を見据えて

クルーズCEOのVogtがフェニックスとオースティンの移転をツイート

ゼネラル モーターズがクルーズの製造を準備しているクルーズ オリジンは、その耐用期間中に 100 万マイルを走行できるようになり、運用コストが削減されます。 Cruise は、コストをさらに削減するために、Origin で使用するチップセットも開発しました。

Vogt 氏は、AV ビジネスに関する認識と議論は、非常に楽観的な見方と非常に悲観的な見方の間で揺れ動いているようだと付け加えました。 AV については依然として高いレベルの懐疑論がありますが、サンフランシスコでのテストにより、従業員数が 40 人から 3,000 人以上に増えたクルーズの将来について、多くの人が非常に楽観的になっています。

「私たちは高いレベルの信頼に基づいて事業を行っています」と彼は言いました。 「私たちは従業員がどこからでも働けるようにしています。」

同じく会議で講演した GM の会長兼 CEO の Mary Barra は、Cruise に関する悲観論は GM にも当てはまると述べた。 ただし、GM は、Cruise it の工場で必要な Origin AV を、シボレー シルバラード EV、ブレイザー EV、エクイノックス EV などの新製品の基礎となる同じ Ultium プラットフォームを使用して生産することができます。年。

さらに、GM は来年、カリフォルニア州シリコンバレーのパロアルトを拠点とする新しい貨物サービス、BrightDrop の Ultium プラットフォームに基づいて 30,000 台の配送車を生産する予定です。

2025 年までに、GM は北米で 100 万台の EV を製造できるようになり、北米を中心としたバッテリーのサプライ チェーンを活用します。 「私たちは良い位置にいます」と彼女は言いました。

コメントする