2022 BMW M340i xDrive フェイスリフト、M パフォーマンス パーツ – カーボンファイバー、アルカンターラを搭載した G20 LCI


G20 BMW 3 シリーズのフェイスリフトは、今年 5 月にグローバル デビューを果たしました。つい昨日、ドイツの自動車メーカーは、最近の国際的なメディア発表イベントで撮影された更新されたセダンの新しい写真のバッチをリリースしました。

写真に写っている車の 1 つは M340i xDrive で、これはフルファットの M3 が登場する前に入手可能な 3 シリーズの最高のバリエーションです。 通常、BMW は自社の車に M パフォーマンス パーツを提供していますが、まさにここにあるものです。

あなたが見ているのは、ミネラルホワイトで仕上げられ、M General performance パーツが装備された新しい M340i xDrive です。 ご覧のとおり、キドニー グリル フレームやフロント スポイラー リップなど、エクステリアには大量のカーボンファイバー コンポーネントが使用されています。

この例には、M3 に見られるものと同様のデザインのサイド ミラー キャップにも同じ素材が使用されているカーボンファイバー製のルーフが付属しています。 リアに移ると、トランク リッド スポイラーとディフューザーもカーボンファイバー製で、モデル バッジはコントラストのためにブラックアウトされています。

台形のエキゾースト フィニッシャー内に隠されているのは、M パフォーマンス エグゾースト システムを構成する直径 100 mm のパイプで、今年 50 周年を迎える BMW M に合わせて、クラシックな BMW モータースポーツ バッジ – ブルー、バイオレット、レッドで構成されています。 BMW ラウンデルを取り囲むセグメント – フロントに配置されます。 最後の仕上げは、いくつかの M Performance Elements デカールと赤い牽引ストラップです。

中に入ると、アルカンターラで裏打ちされたグラブ エリア、カーボンファイバー インサート、赤い 12 時マーカーを備えたスポーツ ステアリング ホイールがあります。 また、ステアリング ホイールと助手席の前に M General performance バッジがあり、ブランドの中央アームレストはアルカンターラでトリミングされ、フロント シートの背面にも適用されます。 ドアのピンにもMのロゴが!

フェイスリフトに伴うスタイリングの変更に関して言えば、最新の 3 シリーズのヘッドランプには「爪のような」デザインがなくなりました。 再形成されたクラスターはまた、新しい逆 L 字型の DRL を備えており、二重バーを特徴とするインサートを備えた再プロファイルされたグリルに隣接しています。 バンパーも再設計され、インテリアには i4 に見られるような BMW カーブド ディスプレイが採用されています。

M340i xDrive の装いでは、エンジンは 3. リッター ターボ直 6 で、5,500 ~ 6,500 rpm で 374 PS (369 hp)、1,900 ~ 5,000 rpm で 500 Nm を発生します。 ヨーロッパでは、ミルには 48 ボルトのマイルド ハイブリッド システムが付属しており、このシステムには、一時的に 11 PS (11 hp または 8 kW) のブーストを提供し、ブレーキ エネルギー回生を支援し、車両の 12 -ボルト電気システム。

B58 エンジンは、8 速ステップトロニック オートマチック トランスミッションと xDrive 全輪システムと組み合わされ、4.4 秒の -100 km/h タイムと 250 km/h の最高速度を可能にします。 この新しい M340i xDrive のドレスアップ バージョンについてどう思いますか? 多すぎるか、ちょうどいいですか? 以下のコメントでお知らせください。



コメントする