日産、新型Zの販売中止を発表、マニュアル車に影響なし



新しい 2023 年の日産 Z は恥ずかしい後退に見舞われ、自動車メーカーは 6 速マニュアルを装備していないすべてのモデルに対して販売停止命令を出しました。 ディーラーは、8月下旬に販売を停止するよう通知されました。 しかし、世界がその理由を理解したのはつい最近のことでした。

日産は、駐車時に車両が転がる可能性を懸念しているようです。 興味深いことに、この問題は、たまたまジヤトコ製の Z の 9 速オートマチック トランスミッションを共有する後期モデルの Frontier ピックアップでも発生しました。

トラックのリコールには、2020 年 6 月 10 日から 2022 年 8 月 25 日までに製造された Nissan Frontiers が含まれます。同様に、2019 年 12 月 13 日から 2022 年 8 月 25 日までの間に製造された Nissan Titan ピックアップも対象となります。 リコール通知には次のように記載されています 約203,223台のトラックが影響を受けており、「車両がパーキングにシフトされたときにトランスミッションパーキングポールがかみ合わない可能性があり、車両が転がる可能性がある」と述べています。

Zが同様の問題に苦しんでいるように聞こえるのは確かですが、日産は現時点で何も肯定的ではないようです. 国家道路交通安全局 (NHTSA) がまだ関連文書を発行していないため、スポーツ クーペの公式リコールさえありません。 一方、日産は最善の行動方針を決定するために調査を行っています。

現在、この問題に対する公式の修正はありません。 ピックアップのリコールは、日産が必要な修理プロトコルを確立した11月までに所有者に通知されることさえありません.

ただし、ソフトウェアの更新を発行して時間を稼ぐという業界標準を回避できる可能性は低いです。 この問題は、ウェッジとロッドの間の過度の摩擦が駐車足にかみ合わないという機械的な故障の結果であると想定されていることを考えると、修正するにはトランスミッション全体を引っ張る必要がある可能性が非常に高い. これは間違いなく、日産にとって費用と時間のかかる取り組みになるでしょう。

今のところ、同社は、ピックアップの所有者が車両から降りるたびにパーキングブレーキをかけることを推奨しています. これは、あなたの車が完全に健康であっても悪い行動ではありません.2023年式のNissan Zをオートマチックトランスミッションで所有している場合は、絶対に実行する価値があります. 明らかに、手動バリアントの所有者にこれを行うように指示する必要はありません。

パーキング ブレーキを使用している場合、ほとんどのドライバーの危険レベルは最小限に抑える必要があります。 物理法則により、平地での移動式車はほとんどありません。最大限の予防措置を講じていれば、坂道での駐車はおそらく問題ありません。 NHTSA は、この欠陥が実際にどの程度一般的であるかを正確に把握していません。 しかし、日産のピックアップへの調査は、サンプリングされたときに約13%が影響を受けたことを示しました.

[Image: Miro Vrlik Photography/Shutterstock]

TTACのインサイダーになりましょう。 最新のニュース、機能、TTAC の見解、その他すべての自動車に関する真実を最初に入手してください。 ニュースレターの購読.

コメントする