テスラ、パワーウィンドウの不具合で110万台の米国車をリコール


テスラは、パワーウィンドウが乗員の指を挟む可能性のある欠陥を理由に、米国で 100 万台以上の電気自動車をリコールしました。


米国の電気自動車大手テスラは、「ソフト クローズ」パワー ウィンドウ ソフトウェアの不具合により、北米で 110 万台近くの車両をリコールしました。ガラス。

リコールは、モデル 3 (2017-2022)、モデル Y (2020-2022)、モデル S およびモデル X (2021-2022) を含む、米国で販売された 1,097,762 台のテスラ車に影響します。



テスラの従業員は 2022 年 8 月にこの問題を特定し、ウィンドウの自動反転システムのパフォーマンスが「挟み込みの検出に応じて予想以上に変動した」と述べました。

さらにテストを行った結果、この障害の影響を受けた車両は、パワー ウィンドウに関する米国の安全基準に準拠していないことが判明しました。

米国の電気自動車メーカーは、この問題に関連する怪我や保証レポートを認識していないと主張しています.



テスラは、自動ウィンドウ反転システムの無線 (OTA) ソフトウェア アップデートを無料で実行することにより、この問題を修正すると述べています。

この障害に対するリコール通知は、オーストラリアではまだ発行されていません。

ジョーダン・ムラク

Jordan Mulach は、キャンベラ/ングナワル生まれで、現在はブリスベン/ターバルに住んでいます。 2022 年にドライブ チームに加わるジョーダンは、これまで Auto Action、MotorsportM8、The Supercars Collective、TouringCarTimes、WhichCar、Wheels、Motor、Street Device で働いていました。 ジョーダンは自称 iRacing 中毒者で、週末には Octavia RS のハンドルを握ったり、ZH Fairlane に悪態をついたりしています。

ジョーダン・ムラクについてもっと読むリンクアイコン



コメントする