2023年の日産アルティマは、くちばしがより鋭く、画面が大きくなり、価格が高くなります


  • 2023年の日産アルティマは、フロントエンドのデザインが一新され、ホイールのデザインと塗装の色が新しくなりました。
  • Altima には、より鮮明なグラフィックスとワイヤレスの Apple CarPlay を備えた、より大きな 12.3 インチのタッチスクリーンも用意されています。
  • 日産はまた、セダンの標準アクティブセーフティ機能の名簿を拡大します。

更新 2022 年 9 月 22 日: 更新された 2023 日産アルティマの価格は、ベース S モデルが 26,385 ドルから、SR VC-Turbo モデルが 36,085 ドルまで上がります。 S および SV モデルの数百ドルから、オプションのターボチャージャー付き 2. リッター インライン 4 を備えた SR VC-Turbo の 3,740 ドルまでの範囲で、すべてのトリム レベルのコストが以前よりも高くなります。 ターボ アルティマには、価格の上昇を相殺するために、革張り、自動気候制御、パワー パッセンジャー シートなどの新しい標準装備が追加されます。 全輪駆動は、ベースの 2.5 リッター エンジンを搭載した SV、SR、および SL モデルで 1500 ドルのオプションのままです。 2023年のアルティマは現在発売中です。

わずかな挟み込みのおかげで、日産アルティマは2023年に向けて魅力的なフェイスリフトを受けます.ファミリーセダンのフロントエンドは、日産のVモーショングリルの再設計されたバージョンを着用し、ブランドの新しいロゴも付いています. ビジュアルの更新に加えて、2023 Altima は、機能とテクノロジーの提供の名簿を改善します。

日産は、他のアルティマとは異なり、グリルデザインとブラッククロームトリムが異なると言われているスポーティなSRモデルの画像のみを共有しています. 残りのラインナップは、新たに標準化された LED ヘッドライトの恩恵を受けており、ウィンカーはデイタイム ランニング ライトとスペースを共有しています。 車のペイント パレットは、グレー スカイ パールとガーネット パール メタリックを含むように拡張されます。 17 インチから 19 インチまでのサイズの 4 つの新しいホイール オプションの中には、ここに描かれているアルティマ SR に表示される 15 スポークの 19 インチ ローラーのおしゃれなセットがあります。

内部では、2023年のアルティマは、ゲージクラスターの周りの新しい仕上げと、SRトリム用に予約された新しいデュアルステッチファブリックを除いて、ほとんど同じように見えます. より大きな 12.3 インチのタッチスクリーンもパーティに加わります (8. インチのユニットは引き続き標準です)。 画面が大きくなったことで、より鮮明なグラフィックスとワイヤレスの Apple CarPlay の導入により、よりきれいなインターフェイスのように見えます。 Android Car は引き続きプラグインが必要です。アップグレードされたインフォテインメント システムは、SV モデルのオプションとして利用でき、オプションのターボチャージャー付きエンジンを備えた SL および SR に標準装備されています。

ProPilot Support と呼ばれる日産のドライバー アシスタンス スイートは、まだ SL に標準装備されており、SR および SV モデルでも引き続き利用できます。 ただし、Altima ラインナップの下半分には、以前はオプションであったアクティブ セーフティ機能が標準装備されています。 このリストには、自動ハイビーム、ブラインド スポット モニタリング、リア自動緊急ブレーキ、リア クロス トラフィック アラート、車線逸脱警告が含まれます。

2023 年の日産アルティマには、パワートレインの変更はありません。 標準エンジンは 188 馬力の 2.5 リッター 4 気筒で、前輪駆動または全輪駆動のいずれかと組み合わせることができます。 可変圧縮比を備えた 248 馬力のターボチャージャー付き 2. リッター 4 気筒 (別名 VC ターボ) は、依然としてより強力なオプションですが、前輪駆動の SR モデル用に予約されています。 どちらのエンジンも無段変速オートマチック トランスミッション (CVT) を使用しています。

この記事は、2022 年 6 月 9 日に最初に公開されました。

このコンテンツは OpenWeb からインポートされます。 Net サイトで、同じコンテンツを別の形式で見つけたり、より多くの情報を見つけることができる場合があります。

コメントする