トヨタは継続的なチップ不足で生産計画を再び削減


東京 – トヨタ自動車株式会社は、再び半導体危機の打撃を感じています。

世界最大の自動車メーカーである同社は、夏の間生産を拡大しようと努力しているにもかかわらず、持続的なサプライチェーンの問題により、今後数か月で世界的な生産計画を削減せざるを得なくなるだろう..

自動車メーカーは、販売量の減少を取り戻すのに苦労しており、先月、9 月から 11 月まで月間 90 万台の自動車を生産したいと述べたばかりです。

しかし現在、生産台数は 9 月に 85 万台、10 月には 80 万台にとどまっており、以前の目標を達成するには、11 月には約 105 万台にまで拡大する必要があることを意味します。

代わりに、同社の下方修正予測では、10 月から 12 月までの平均生産量は 85 万です。 10 月の見通しが 800,000 ユニットであることを考えると、新しいペースは 11 月と 12 月の平均でわずか 875,000 ユニットに相当します。

挫折したにもかかわらず、 トヨタ は木曜日の警告で、3 月に終了する今会計年度に 970 万台のトヨタおよびレクサス ブランド車を生産するという計画を堅持していると述べた。

日本の本国市場では、14工場の28ラインのうち、7工場の10ラインの生産が減速の影響を受ける。 トヨタのRAV4、カムリ、クラウン、GRヤリスが影響を受ける。

サスペンションは、LC、IS、RC、ES、CT 車、UX、NX、RX クロスオーバー、GX SUV などのレクサス車の生産にも影響を与えます。

トヨタは、サプライチェーンの激変の中で生産を急いで開始しようとしています。 COVID-19(新型コロナウイルス感染症) 閉鎖。

2022 年の最初の 6 か月間で、ダイハツの軽自動車と日野トラックの子会社を含むトヨタのグローバル連結生産台数は、前年比 3.8% 減の 510 万台でした。

トヨタとレクサスのみの生産台数は 3.5% 減の 440 万台で、目標の 970 万台を下回りました。

数字が入手できる最新の月である 7 月には、トヨタの連結生産台数は 6.9% 減少して 835,192 台になりました。

日本での生産は 25% 減少しましたが、海外での生産は 7.7% 増加しました。

コメントする