VW Group Gen.Travel のコンセプトは、レベル 5 の自動運転車をイメージしています


運転が不要になった世界では、自家用車の所有はどのようになるでしょうか? ボリュームで世界最大の自動車メーカーであるフォルクスワーゲン グループは、金曜日に発表された Gen.Journey コンセプトでまさにそれを模索しています。

Gen.Journey は、自動運転能力の SAE スケールでレベル 5 に評価された自動運転システムを搭載した電気自動車です。 レベル 5 は、自動運転技術を開発する企業にとって最終的な目標であり、人間と同じ状況をすべて処理できる車両を意味します。

この機能により、Gen.Journey の設計者はハンドルとペダルをなくすことができました。 また、座席はモジュール式であるため、さまざまな機能に対応できます。 たとえば、テーブルを設置し、椅子を向かい合わせに配置して、車輪付きのラウンジやオフィスを作成できます。 フルリクライニングシートを取り付けて、車輪付きの寝室を作ることもできます。 音声起動と人工知能を使用して、さまざまな機能を制御できます。

フォルクスワーゲン グループ Gen.Travel コンセプト

フォルクスワーゲン グループ Gen.Journey コンセプト

フォルクスワーゲン グループ Gen.Travel コンセプト

フォルクスワーゲン グループ Gen.Vacation コンセプト

フォルクスワーゲン グループ Gen.Travel コンセプト

フォルクスワーゲン グループ Gen.Vacation コンセプト

Gen.Travel は生産予定ではありませんが、VW グループは、今後 10 年間のモビリティの現実的な見通しを提供すると述べています。 このコンセプトは、運転の必要がなくなった車両に一般の人々が何を望んでいるかについてフィードバックを集める手段としても機能し、そのフィードバックの一部は、最終的に量産モデルに登場する機能を形成する可能性があると、自動車メーカーは述べています。

2017 年に Sedric と呼ばれる同様のコンセプトを発表した VW グループは、Cariad ソフトウェア開発部門を通じて、自家用車向けの自動運転システムを開発しています。 自動車メーカーはまた、米国の自動運転技術会社 Argo AI と協力して、2025 年に最初の乗り物を提供する予定のロボタクシー サービスを開発しています。現在WaymoやCruiseが運営しているサービスと同様に、ロボタクシーは運用できる地域が限定されるため、サービスはSAEスケールでレベル4にランク付けされる.

VW グループは、今週末、パリ北部のシャンティイ城で開催されるシャンティイ アーツ & エレガンスで、Gen.Journey を初めて公開します。 ルノーはこのイベントをコンセプトの発表にも利用する予定です。

コメントする