Skoda Octavia EVは、電気のみのプラットフォームでこの10年後に登場します


2021 年 6 月、Skoda の元 CEO である Thomas Schäfer は、10 年末までに 3 台の電気自動車が Enyaq に続き、すべて小型で安価になると発表しました。 ビジョン 7S クロスオーバー コンセプトの後続の生産バージョンは、今年 5 月初旬に発表されたエントリーレベルの EV と同様に、その 1 つです。 わかりましたが、3 つ目はどうでしょうか。 まあ、ベストセラーのオクタヴィアが2025年以降に電気街道をロックダウンするように見える.

イギリスの雑誌 オートカー ムラダー・ボレスラフ氏が、人気のある小型から中型車の全電動バージョンの開発作業を開始したのは正当な理由によるものです。 興味深いことに、ゼロ・エミッションのオクタヴィアは、エンヤックで使用されているフォルクスワーゲン グループの MEB プラットフォームをスキップし、次期 SSP を採用します。 Eyesight 7S コンセプトの 89 kWh パックと比較して、より技術的に高度なバッテリーを使用すると言われています。Skoda は、600 キロメートル (373 マイル) と最大充電電力 200 キロワットに適していると述べています。

通常のオクタヴィア EV では、前部に 2 つの電気モーター (各ホイールに 1 つ) が搭載されると予想されますが、よりホットな RS 派生モデルでは後部に 2 つ追加され、全輪駆動レイアウトが可能になります。 ICE を搭載したモデルのディーゼル バージョンには、何年にもわたって全足システムがオプションで提供されてきたため、AWD を搭載した最初の Octavia RS というわけではありません。 論理的には、Skoda が標準車の少なくとも 1 年後に Rally Sport を導入することを示しているため、パフォーマンス バリアントが初日から提供される可能性は低いです。

Octavia EV は、TSI および TDI モデルの終焉を意味するものではありません。 オートカー シュコダは、従来のエンジンを搭載したモデルをラインナップに残すことを計画していると考えています。 しかし、2035 年に欧州連合で排出ガスを発生するすべての新車に対して販売禁止が実施されると、内燃機関を廃止せざるを得なくなります。 一方、現在の第 4 世代モデル (元の 1959 年から 1971 年までのモデルを数えれば 5 番目) は、2024 年にサイクルの途中でフェイスリフトが行われます。

Skoda は、2 段階のパワーで提供されるプラグイン ハイブリッド パワートレインを導入することで、Octavia を部分的に電動化しています。 さらに、大型の Excellent フラグシップにも PHEV が設定されており、来年中には次世代の充電ポートが引き続き搭載される予定です。

コメントする