BMW、2024 年のル・マンに M ハイブリッド V8 LMDh で参戦


BMWは、2024年に米国を拠点とするIMSAスポーツカー選手権に参戦した後、2024年にFIA世界耐久選手権でMハイブリッドV8ハイパーカーをレースすることを発表しました。

WEC にはル・マン 24 時間レースが含まれているため、2024 年は、V12 LMR で優勝した 1999 年以来、BMW がこの象徴的なイベントに登場する初めての年となります。

「2023 年から IMSA シリーズで、2024 年から WEC で BMW M ハイブリッド V8 を実行するという決定は、プロジェクトのマイルストーンです」と、BMW M の CEO であるフランク ファン ミールは述べています。

「私は、BMW M の CEO としての最初の任期中に、ル・マン 24 時間レースの並外れた才能を試食し、驚嘆しました。そのため、BMW M モータースポーツとして、このクラシックと全体で再び総合優勝に挑戦できることに非常に興奮しています。数十年ぶりのWEC。

「BMW M ハイブリッド V8 は、BMW M の電動化に向けたターニング ポイントを表しています。北米で開催される IMSA シリーズと世界中で開催される WEC は、当社のプロトタイプを使用して BMW の電動化がいかにエキサイティングであるかを示すのに最適なプラットフォームです。 Mカーは将来のことです。」

AUTOCAR の 50 Many years of BMW M Podcast で、BMW M モータースポーツの責任者であるアンドレアス・ルースは、チャンピオンシップに参加する主な要因の 1 つは予算であると述べ、次のように付け加えました。 [from LMP1 times] そして、まともな予算があれば、WEC に戻ることができます。 ハイブリッド技術と組み合わせたこれらの費用対効果の高い規制 [and goal to move to full-electtric racing] 私たちにぴったりです。

「これは私たちのロードカーをサポートするのに役立ちます。これが私たちが目指していることです。」

新しいル・マン デイトナ ハイブリッド (LMDh) 規則に従って設計された BMW M ハイブリッド V8 は、主流のメーカーが今後数年のうちにトラックに登場する予定の、まったく新しい電動エンデュランス レーサーの 1 つです。

グッドウッドのフェスティバル オブ スピードで、BMW の中心的機能の一部として初めて披露され、今日、新しいカラーリングが発表されました。

アキュラ、BMW、キャデラック、ポルシェはそれぞれ、2023 年に IMSA の新しい GTP カテゴリーに LMDh 車を投入し、翌年にはアルピーヌとランボルギーニが加わります。

アウディは来年から兄弟ブランドのポルシェに加わる予定だったが、その計画は凍結されている。

GTP カテゴリーには、ル マン ハイパーカー (LMH) ルールに基づいて構築された参加者も含まれるため、トヨタ GR010 ハイブリッドと新しいプジョー 9X8 は、1 月のデイトナ 24 時間レースで LMDh 車と並んでグリッドに並ぶ必要があります。 2023年シーズンの最初のレース。

コメントする