Ford がテネシー州の BlueOval City とケンタッキー州の BluOvalSK の建設を開始



フォードは、2010 年代の終わりまでに車両カタログのかなりの部分を電動化する計画を進めており、フル スチームまたはフル電子化を進めています。 その努力のかなりの部分はテネシー州とケンタッキー州にあり、フォードは 2 台の巨大な EV と バッテリー 生産設備。

テネシー州の BlueOval Metropolis とケンタッキー州の BluOvalSK は、Ford とそのパートナーである SK On による 70 億ドルの投資の成果です。 ケンタッキーのサイトには 2 つのバッテリー工場があり、テネシーのサイトには 1 つのバッテリー工場があります。 発表はこれを建設の始まりと呼んでいますが、自動車メーカーの乗組員はすでに数百万立方ヤードの土と石を移動しました.

フォードの投資はまた、テネシー州スタントンの施設で約 6,000 人、ケンタッキー州グレンデールの施設で 5,000 人を含む、数千の雇用を州にもたらします。 Ford 氏によると、これらの新しい施設は合計で年間 129 ギガワット時の生産能力を提供するとのことです。

フォードの EV に対する需要は強く、自動車メーカーは十分な数の車両を製造するのに苦労しています。 フォードは、生産開始前に新しい F-150 ライトニングの予想ビルド数を 2 倍に増やしましたが、MSRP に近いディーラーの敷地内で電気トラックを見つけることはまだほとんど不可能です。 マスタング マッハ E がデビューしたときも同じでした。

必要なバッテリー生産の一部またはすべてを米国に移すことで、フォードは過去数年間自動車業界全体を悩ませてきたサプライチェーンの問題を回避することができます。 この動きにより、フォードが自社の車両を EV 税額控除に関する新しい要件を満たす可能性も高まります。EV 税額控除では、バッテリーやその他の部品を国内で調達し、自動車をここで製造する必要があります。

関連ビデオ:

コメントする