KuroEV が 2023 年に Volt Metropolis EV をマレーシアに導入 – RM40k の電動ハッチをサブスクリプションで提供


先月タイで発売された小さな Volt City EV に興味がある場合は、電動ハッチバックがやってくるので、来年手に入れることができるでしょう。 現地企業の KuroEV は、EV Primus Company と、小さな Volt のマレーシアでの販売代理店になる契約を締結しました。

KuroEV の創設者である Ken As well 氏によると、同社は 2023 年第 2 四半期に最初の車がここに到着する予定で、段階的に約 500 台の Volt を導入する予定です。今年はテスト用にデモ機も導入される予定です。 JPJ VTA型式承認と同様。

ただし、とにかく最初から車を完全に購入することはできません。 トゥー氏によると、最初の 500 台の車は年間サブスクリプションでのみ利用可能であり、その目的は、加入者からのフィードバックを得ることと、インストールされたテレマティック デバイスを介して運転および使用データを取得することです。 彼は、サブスクリプションの価格は後で明らかになると付け加えた.

ブランドのマレーシア進出の初期段階をサポートするため、KuroEV は今後 3 年間ですべての主要都市に Volt 3S センターを設置します。 彼は、市場から十分なフィードバックが得られたら、ボルトを最終的にどのように販売するのが最善かを決定すると述べ、今後3年以内にシンガポールやインドネシアなどの他の右ハンドル車のASEAN市場にブランドを浸透させる計画があると付け加えた. .

要約すると、Volt Town EV には 2 ドアと 4 ドアの構成があり、それぞれにクラシックとプレミアムの 2 つのトリム仕様があります。 価格は、2 ドアのクラシックが 325,000 バーツ (RM39,650) から、2 ドアのプレミアムが 355,000 バーツ (RM43,300) から、4 ドアのクラシックが 385,000 バーツ (RM46,960) から、プレミアムが、415,000 バーツ (RM50,620) から。

2ドアのVolt City EVのサイズは、全長2,920mm×全幅1,499mm×全高1,610mmで、ホイールベースは1,980mm。 そのサイズから予想されるように、小さなタイクの重量はわずか 690 kg です。 一方、大型の 4 ドア モデルは、幅と高さは同じですが、より長く (3,380 mm)、ホイールベースが 2,440 mm と長くなっています。 また、体重は 795 kg と重くなります。

すべての Volt Metropolis バリエーションは、2 ドアで 40 馬力と 90 Nm を提供する、単一の同期永久磁石電気モーターである同じパワートレインによって駆動されます。 モーターは 11.8 kWh のリチウムイオン バッテリーで駆動され、2 ドア バージョンで最大 165 km の走行距離を提供します (NEDC サイクルに基づく)。 最高速度は 100 km/h で、3.1 kW の AC 充電器を使用すると、車を完全に充電するには 4 時間かかります。

4 ドア モデルでは、モーターの出力が 46 馬力と 102 Nm にアップし、16.5 kWh の大容量バッテリーも搭載されており、航続距離は 210 km (これも NEDC) まで伸びています。 最高速度は 2 ドアと同じで、3.1 kW の AC 充電器を使用すると、バッテリーを完全に充電するには 5.5 時間かかります。

タグ: ボルトシティ EV



コメントする