GMは、2035年までに乗用車から「テールパイプの汚染をなくす」基準を支持します


ゼネラルモーターズと環境防衛基金は今週初め、今後 10 年間の半ばまでにすべての新しい乗用車を電気自動車にすることを目的とした、共同で作成された推奨事項を発表しました。

プレス リリースで、GM と EDF は EPA に対し、2030 年モデル年までに温室効果ガス排出量を 60% 削減し、2030 年までに販売される新しい乗用車の少なくとも 50% をゼロエミッションにすることを要求する排出基準を策定するよう要請しました。

さらに、GM と EDF は、「2035 年までに新しい乗用車から排気管の汚染をなくすことと一致して、窒素酸化物と粒子状物質を劇的に削減する」ことを求めています。 これは 2021 年に発表された GM の「願望」と一致しますが、それが規制に記載されている場合、それは新しいレベルのコミットメントです。

2025 キャデラック Celestiq プロトタイプ

2025 キャデラック Celestiq プロトタイプ

この文言は、大型ピックアップ トラックなどの特定の車両が内燃機関のままでいられる余地を残していますが、それでも自動車業界にとっては大きな変化を意味します。

GM はこれまでにも積極的な EV 目標を規制当局に売り込んでいたが、2020 年にはワシントンからの反応は鈍かった。

今回、GM と EDF は EPA に対し、今年末までに新しい基準を提案し、2023 年秋までに最終化するよう求めています。その後、それらは 2027 年モデルで発効し、少なくとも暦年 2032 年まで延長されますが、理想的には2035 年まで、GM と EDF は言った。

ビュイック ワイルドキャット EV コンセプト

ビュイック ワイルドキャット EV コンセプト

4 月に EPA は 2026 年までの規則を最終決定しましたが、規則ではそれまでに米国市場で約 17% の EV のみが必要になると予測されていました。 そのため、GM/EDF の推奨事項は、EV 販売の大幅な増加を求めています。

カリフォルニア州は、すでにいくつかの時点で EV 販売台数が 15% を超えており、2035 年までにプラグのないテールパイプ付きの新車を本質的にすべて排除するという独自の独自の目標を持っています。 —そして他の州はさらに遅れをとっています。

コメントする