BMW M ハイブリッド V8 がレース カラーリングで発表され、IMSA ドライバーのラインナップを獲得


• BMW M Motorsport は、ロサンゼルスのピーターセン博物館で開催されるワールド プレミア イベントで、LMDh 候補を発表します。
• BMW M ハイブリッド V8 は、IMSA GTP の BMW M カラーで未来的なデザインを受け取ります。
•コナー・デ・フィリッピ、フィリップ・エン、アウグスト・ファルファス、ニック・イェロリーがコアドライバーで、コルトン・ヘルタがデイトナに加わる。

カリフォルニア州ロサンゼルス – 2022 年 9 月 22 日…BMW M ハイブリッド V8 が北米に到着し、ロサンゼルス (米国) のピーターセン博物館で開催された発表イベントで、そのレーシング カラーで初めて公開されました。 BMW M モータースポーツが 25 年ぶりに開発したプロトタイプは、2023 年に開催される IMSA ウェザーテック スポーツカー チャンピオンシップの GTP クラスに参戦する際、象徴的な BMW M カラーを活用した前衛的なカラーリングを披露します。 2 台の BMW M チーム RLL 車のハンドルを握ることも、ピーターセン博物館で発表されました。 彼らは、BMW M ワークス ドライバーのコナー デ フィリッピ (Usa)、フィリップ エング (AUT)、アウグスト ファルファス (BRA)、ニック イェロリー (GBR) です。 1月28~29日に開催される第61回ロレックス 24 アット デイトナ(米国)でレースデビューを果たすと、インディカー シリーズ ドライバーのコルトン ヘルタ(米国)から大物サポートを受けることになります。

ロサンゼルスで開催されたこのイベントには、BMW M の CEO であるフランシスカス ヴァン ミール、BMW M モータースポーツのアンドレアス ルースの責任者、IMSA のジョン ドゥーナン社長、BMW M チーム RLL のオーナーであるボビー レイホール、デビッド レターマン、パトリック ラニガンがゲストとして参加しました。

フランシスカス・ファン・ミールは次のように述べています。 この冒険が、BMW M GmbH にとって最も重要な国際市場である北米で始まることを嬉しく思います。 結局のところ、BMW M ハイブリッド V8 は単なるレースカーではなく、M パワーがいかにダイナミックでエモーショナルな電化を実現できるかを強調することで、BMW M の電動化の未来への道を開いているのです。」

アンドレアス・ルース: 「モータースポーツのトップクラスに戻り、2023 年にデイトナ、セブリング、ロード アトランタなどの伝説的なレースで総合優勝を争うことは、BMW M モータースポーツの全員にとって大きな挑戦であり、大きなモチベーションでもあります。 BMW M ハイブリッド V8 を短期間でレースに投入する準備が整うように、私たちはここ数か月懸命に取り組んできました。 ダラーラのすべてのパートナー、BMW M Staff RLL、開発チーム RMG、および車の組み立て、開発、テストに関する素晴らしいサポートを提供してくれた BMW Group Designworks に感謝します。 BMW M ハイブリッド V8 は美しいレースカーです。 それを速くするのが今の私たちの仕事です。 私たちはこの目標の達成に向けて日々努力しており、デイトナで初めて本格的に業務に取り掛かる1月には準備が整っていると確信しています。」

BMW M チーム RLL のプリンシパル、ボビー・レイホールは次のように述べています。 BMW M Motorsport は、素晴らしい車、素晴らしいエンジン、素晴らしいドライバー ラインナップを提供してくれます。 私たちは目の前にある挑戦の範囲を理解しており、それに正面から取り組むことを楽しみにしています。 以前と同じように、協力とチームワークのレベルは途方もないものでした。 1階にいることで、スタッフは最初から車についてよく知ることができます. 私はずっと前に、あなたが期待を和らげることを学びました。 はい、あなたには希望があり、最終的には成功することを知っています。 RLL にとっては、どちらかの準備ができているかどうかの問題です。」

BMW M ハイブリッド V8 は、今週初めにセブリング インターナショナル レースウェイでのテストとともに、米国で広範なテスト スケジュールを開始しました。 テストカーは、来たるプチ ル マン IMSA シーズン フィナーレでも公開されます。

ピーターセン ミュージアムでは、BMW M ハイブリッド V8 のデザインとレーシング カラーリングのワールド プレミアと、耐久レース用の 4 つのコア ドライバーと追加ドライバーの 1 つが発表されました。

BMW M ハイブリッド V8 のデザインとレース カラーリング
テスト段階で BMW M ハイブリッド V8 を飾るカモフラージュのカラーリングと同様に、2023 年のレーシング シーズンのカラーリングのデザインも、自動車および先進デザインのグローバル ディレクターであるマイケル スカリーのプログラム リーダーシップの下、BMW グループ デザインワークスによって行われます。 ワークスのカラーリングは、象徴的なMカラーとMロゴのモダンで大胆なフラクタルブロックで構成された未来志向の紋章で、遺産に基づく「Icons of IMSA」カモフラージュからの大きな脱却を表しています。 「これらの要素は分解され、BMW M ハイブリッド V8 を横切る抽象的な三角形のパターンのように見えるかもしれませんが、横から見ると M ロゴがぴったりと収まります。 – よろしければ、M を再構築します。 スカリーは説明した。

このデザインには、BMW ロゴへの「Mbedded」参照も含まれており、青と紫の両方の要素を使用して、電気の自然な色を強調しています。 さらに、ワークスのカラーリングには、BMW M Motorsport のシグネチャーであるマットブラックのエクステンションがコックピット前方のフロントガラスの運転席側の下に付いています。 これにより、BMW のインテリア デザインの特徴であるドライバー志向を車のエクステリアにまで広げ、ドライバーの集中力を高めます。 実際、レース対応車では、この非反射マット要素が車の唯一の黒いホイルになります。発売時に表示される他のすべての黒い領域は、本来のカーボンファイバー仕上げのままです。 「この措置により、従来のレースカーのカラーリングと比較して、25 ~ 30% の軽量化が可能になります。 少ないほうがいいですね。” スカリーは言った。

また、BMW M ハイブリッド V8 のワークス カラーのデビューは、カモフラージュされていない外観の車の表面を見て、以前は不明瞭だったかもしれないデザインの側面を特定する最初の機会を与えてくれます。 レーザーで照らされたキドニーのレイアウトは、最新のプロトタイプ レース カーのオープンなフロースルー アーキテクチャと一致しており、キドニーの下を通過する空気は、車の空力性能の基本となります。 冷却の面だけでなく、ダウンフォースの効率の面でも。 車のフロントは、ファセット フード、ネストされた BMW ロゴ、BMW M ビジョン ネクストのキドニーの間の逆「Y」字形を連想させ、量産車だけでなくレース カーにも影響を与える BMW のショーカーの好例です。 これらの要素は、両側に特徴的なツイン ヘッドライトを備えており、車のフロントを紛れもなく BMW にしています。

腎臓の照明には、エキサイティングな新技術が使用されています。スイスの革新的な会社 Considerably less SA は、レーザーによってトリガーされるナノアクティブ光ファイバーによって光が生成される LED 照明に代わる新しいアプローチを開発しました。 これにより、非常に小さなフォーム ファクター内で超高輝度かつ超均一な光が提供されるため、車に組み込むと重量とエネルギーが大幅に節約されます。 このテクノロジーは、2019 年の BMW M Eyesight Next で初めて未来のビジョンとして提示されました。

車の側面を移動すると、他の BMW アイコンが明らかになります。 前傾したシャーク ノーズ、フロント ホイール アーチのすぐ後ろにあるブーメラン型のガイド ベーンは、BMW M4 のエア ブリーザー デザイン、M ミラー、ホフマイスター キンクの現代的な解釈を思い起こさせます。 サイドポッドは、その上の丸みを帯びた表面を区切る定義された斜めの特徴線を持ち、同時に必要なフロントディフューザーの気流出口を定義するのにも役立ちます. 「BMW デザインの DNA と、このようなレーシング プロジェクトを魅力的なものにする献身的な効率との相互依存性の完璧な例です。」 スカリーは言った。

運転手
2023 IMSA シーズンの 4 人のコア ドライバーは、コナー デ フィリッピ、フィリップ エング、アウグスト ファルファス、ニック イェロリーです。 彼らは、シーズン中のすべてのレースで、スタート番号が 24 と 25 の 2 台の BMW M ハイブリッド V8 を運転します。 De Phillippi と Yelloly が 1 つのペアを形成し、Eng と Farfus がもう 1 つのペアでチームを組むことになります。 彼らは、デイトナ、セブリング、ワトキンス グレン、ロード アトランタ (すべて米国) で開催される 4 つの IMSA 耐久レースでサポートを受けます。 デイトナ24時間レースに参戦するのはインディカードライバーのコルトン・ハータ。 彼はアメリカのレーシング シーンのスターの 1 人であり、2019 年に GTLM クラスで BMW M8 GTE を駆り、BMW M チーム RLL と共にデイトナで勝利を祝いました。 残りの耐久ドライバーは後日発表される。

De Phillippi: 「GTP プロジェクトが発表されて以来、このプログラムに参加することは私の夢でした。 IMSA 大会のトップレベルで、BMW にチャンピオンシップの結果をもたらすことを私たちは皆熱望していることを知っています。」

Eng: 「このようなまたとない機会を与えられたことを光栄に思います。 この挑戦を本当に楽しみにしていますし、BMW M Motorsport が私を信頼してくれたことに感謝しています。 BMW M ハイブリッド V8 での最初のラップは決して忘れません。 圧倒的なパフォーマンスとパワーを備えたサラブレッドのレースカーです。 DTMのクラス1カーを思い出します。 IMSA レーストラックで運転するのはとても楽しいでしょう。」

Yelloly: 「デイトナとセブリングでの最初の遠出の後、北米でフルシーズンを戦うことができて素晴らしいです。この素晴らしい車で。 私にとって、それはハイダウンフォースのレーシングカーのルーツへの回帰です。 私は本当にそれを楽しみにしています。”

ファルフス: 「BMW M モータースポーツを再びトップレベルで代表し、モータースポーツの新しい時代の幕開けに携わることは、私にとってかけがえのない機会であり、大きな名誉です。 このエキサイティングなプロジェクトは、私のキャリアのハイライトの 1 つです。 反対は非常に強く、最初の 1 年で多くのことを学びます。 しかし、最初から良い結果を出すためのすべてが整っていると思います。 それを可能にするために、私たちは間違いなく懸命に取り組んでいます。」




コメントする