BMWのCTOは、EVフリートに切り替える準備ができている国はほとんどないと警告しています


業界全体で電気自動車の普及が進んでいますが、すべての自動車メーカーがこのアイデアに賛成しているわけではありません。 BMW は、2030 年までに少なくとも 50% の完全電気自動車を導入することを約束しましたが、ミュンヘンに本拠を置く自動車メーカーは、完全電気自動車の準備ができている国はほとんどないと警告しています。 BMW R&D のボスであるフランク ウェーバーはインタビューで、2035 年までにこれらの野心的な目標を達成するには多くのハードルがあると述べました。

2030 年までに 50% BEV の BMW

「規制を見ると、2035年までに変更が約束されていますが、電気自動車の準備状況を見ると、充電、グリーン電力、ギガファクトリーに目を向ける必要があります」とウェーバーは言いました. BMW CTO はまた、充電インフラ、再生可能電力、リサイクル機能を含む循環型アプローチが必要であると考えています。 「グリーン電気とは、セルの生産、車両の充電がすべて 100% グリーンでなければならないことを意味します。そうでなければ意味がありません。

P90385912 highRes フランク ウェーバー bmw グループ 830x553

もちろん、これらの目標を達成するために必要な投資は膨大です。 ウェーバー氏は、中国のような国でも、10 年後でも完全に EV の準備が整っていないと述べています。 ノルウェーのような EV フレンドリーな国やカリフォルニアのような地域では、この循環型アプローチを実現するための計画が整っていません。 これが、BMW がまだ内燃機関車のユーロ 7 対応に投資している理由の 1 つです。

「新しい 7 シリーズや新しい X1 に見られるすべてのエンジンは、中国や米国と比較しても最も厳しい規制であるユーロ 7 に準拠しています」と Weber 氏は述べています。 BMW は、自動車のポートフォリオ全体で CO2 レベルを削減し続けています。

同時に、BMW は、電気自動車専用のプラットフォームである Neue Klasse 計画を推進し続けています。 新しいアーキテクチャに加えて、BMW は 2025 年に登場する Neue Klasse 電気自動車のバッテリー セルを丸型に切り替える予定です。生産コストの削減 (-50%)。 円筒形セルは、現在使用されている角形セルと比較して、製造工程で発生する CO2 排出量を 60% 削減します。 バッテリーはニッケルが多く、コバルトが少なく、用途に応じて 2 種類の高さがあります。

復習として、ノイエ クラッセのラインナップは、3 シリーズ セグメントのセダンとクロスオーバーで開始されます。 最初のモデルは、ハンガリーにある BMW の新しいデブレツェン工場で組み立てられ、2 番目の EV はミュンヘンで組み立てられる予定です。 バッテリーパックの膨大な需要に対応するため、欧州に 2 つ、中国に 2 つ、USMCA (米国メキシコカナダ協定) に 2 つの、年間容量 20 kWh の 6 つの工場が建設されます。

コメントする