ヒュンダイは、ほぼミッドシップのスーパーカーを作ったことを明らかにした



ヒュンダイは、2010 年代に多数のミッドシップ コンセプトカーを発表しました。 生産ラインの終わりに待っている光を見た人はいませんでした。それは、同社のパフォーマンス志向の N 部門が、Acura NSX のライバルとなるものを実現しなければならなかったためです。

「私たちはNスーパーカーに取り組んでいた」とヒュンダイのN部門の元責任者であるアルバート・ビアマンはインタビューで断言した。 トップギア.

彼は、車には正式な名前がないと付け加えました。 彼のチームは単に「会長の車」と呼んでいました。 仕様に関しては、プロジェクトがキャンセルされたときに何も決まっていないように聞こえますが、ビアマンは、必要に応じてハイブリッドシステムで動作する可能性のある、カーボンファイバータブとミッドマウントエンジンを備えたモデルを想定していました. あるいは、会長の車は水素燃料電池を使用することもできました。

可能だったのは、スーパーカーのパワー、スーパーカーのハンドリング、そして比較的手頃な価格のモデルです。 NSXみたいなもんでしょ?

「確かに、でも退屈ではない」とビアマンは言った。

ヒュンダイの幹部は、この車が真剣に受け止められないことを恐れて、このプロジェクトを中止することに決めたと彼は付け加えた。

「問題は、車の価格が15万ドルを超えることであり、当時、ヒュンダイがこの価格を出すことはできないと考えられていた. 代わりに、韓国の会社は2017年にエラントラGTのヨーロッパ版に基づくホットハッチであるi30 Nをリリースすることにより、N部門を世界的に立ち上げました。 アメリカ人は、ヒュンダイの N ブランドを初めて味わうために、2019 年にヴェロスター N がここに上陸するまで待たなければなりませんでした。

ヒュンダイは、スーパーカー セグメントへの出資をあきらめていないようだ。 2022 年の初めに、定格 670 馬力、トルク 664 ポンドフィートの水素電気ハイブリッド パワートレインを搭載した N Vision 74 (1974 年のポニーへのオマージュ) というコンセプトを発表しました。

関連ビデオ:

コメントする