メルセデス AMG A 45 と A 35 がフェイスリフト


メルセデス ベンツ A クラスはフェイスリフトを受けました。つまり、メルセデス AMG 部門のレンジ トッパーも同様の扱いを受けることになります。

先に進む前に、ブランドがエクステリアに焦点を当て、両方のモデルにより多くの装備を標準装備しているため、中年式のリフレッシュではパフォーマンス数値に変化は見られないことを述べなければなりません.

フェイスリフトされたモデルを見つけるのは難しいでしょう。 それでも、注意深く見ると、新しいフロント ヘッドライト、再設計された AMG 固有の「パナメリカーナ」ラジエーター グリル、新しいボンネット バッジに気付くでしょう。

フロント バンパーには、標準車の改良されたサイド エア インテークに関連して新しいロワー リップ デザインが与えられ、その上には、ボンネットに新しい「パワー バルジ」が見られます。 新しい 19 インチ アロイ ホイールが利用可能になり、リアに向かって、フェイスリフトされた A クラスが再設計されたリア ライトとリップ スポイラーを取得するのを見ることができます。 円形の排気管は、A 35 モデルと A 45 を区別します。

インテリアには、AMG パフォーマンス ステアリング ホイールとセージ グレーでトリムされた AMG パフォーマンス シートが標準装備されています。

A 35 バリエーションのボンネットの下には、旧車の 2. リッターのターボチャージャー付き 4 気筒エンジンのハイブリッド バージョンが搭載されています。 メルセデスによると、新しい 48V 補助電源は始動時に 13 馬力 (9.7 kW) 追加されますが、総出力は 301 馬力 (225 kW) と 400Nm のトルクで変わりません。

ここに表示されている画像は、AMG ストリート スタイル エディションを誇示しています。 限定版モデルは A 45 S をベースとしており、オレンジのアクセントが入ったグレーのマグノ ペイントで仕上げられています。 エアロダイナミクス パッケージが含まれており、リア スポイラーとフロント カナードが追加されています。 インテリアでは、AMG ストリート スタイル エディションには、オレンジ色のステッチが施されたブラックのパフォーマンス シートが装備され、ヘッドレストには「A 45​​ S」のロゴが刺繍されています。

コメントする