『アバター:水の道』ついに完結




アート:ディズニー、DKブックス

少なくとも 5 年かかりましたが、「アバター」続編の最初の作品が完成しました。

2009年のオリジナル映画もプロデュースしたプロデューサーのジョン・ランドーは本日、インスタグラムで、2020年に始まった映画の長いポストプロダクション・プロセスの終了を発表した.

Landau は、彼自身、ジェームズ・キャメロン監督、そして映画の大規模なポストプロダクション・チームが、水曜日に「最終的なミックスと画像のマスタリングを完了した」「アバター:水の道」を笑顔で祝っているショットを投稿しました.

映画製作者のギレルモ・デル・トロは、おそらく以前のバージョンの映画をすでに見ており、 つぶやいた それについて、それは「驚異的な成果です…壮大で壮大なスケールで雄大なビスタと感情がぎっしり詰まっています。 力の絶頂にあるマスター。」

完成は、12 月 16 日またはその前後に映画が世界中の映画館で公開されてからわずか 3 週間後のことです。これには、今年その市場に参入する数少ないハリウッド映画の 1 つである中国が含まれます。

チケットは現在予約注文可能で、映画は国内での週末のオープニング 1 億 5000 万から 1 億 7500 万ドルに向けて順調に進んでいます。




前の記事『スター・ウォーズ』公開5年目の噂が渦巻く



コメントする