リング オブ パワー エピソード 5 レビュー – 深呼吸


力の指輪 エピソード 5 のレビュー。 エピソード 5 はエピソード 4 ほど好きではありませんでしたが、それでも満足しています。 このレビューは、のエピソード 5 をカバーします。 力の指輪、「別れ」と呼ばれます。 はどうかと言うと ネタバレ ポリシー? 今のところ私は ネタバレなし 私ができるように。 シーズンが進むにつれて変更される可能性がありますが、今のところそれが私の計画です。 今週はちょっとした予測と理論のセクションがあり、軽度のスポイラーが含まれている可能性がありますが、本当に心配な場合はそれまでに救済できます.

背景のビット。 私はかなりのトールキン派で、彼が書いたものはほとんどすべて何度も読んでいます。 それでも、私自身の知識をはるかに超えている人がまだいます。 最終的にこれはファン フィクション プロジェクトであるため、私はこのショーに不安を感じながら参加しました。 わかりました、それはトールキン エステートによってライセンスされており、私たちが理解しているいくつかの規則があります。 ただし、これはまだ大部分がファンフィクションです。 それで、それはよかったですか?

どうよ?

リング オブ パワー エピソード 5 のレビュー。 ガンダルフの言葉を引用すると、これは飛び込む前の深呼吸です。 でも、それでよかったの?

今週のエピソードはレビューするのが少し難しいと思いました。 おおむね物事は、私が予想していた方法で先週から進みました。 しかし、いくつかの詳細があり、もう一度疑うようになりました. ここでは、伝承が非常に大まかに適応されていることを知っています。 おそらく、先週は非常に巧妙に作成されていたので、そのことを少しの間忘れることができました. しかし、このショーが放映されるずっと前に縫い付けられた疑いの種は、私の心の隅に忍び寄りました.

しかし、ほとんどの場合、エピソード 5 には大きな不満はありません。ヌーメノールのプロットは急速に私のお気に入りの 1 つになりつつあります。 Harfoots が今週戻ってきて、私のような Nori は、Stranger に対する彼女の本能に疑問を抱いています。 Harfoots の毛むくじゃらのつま先には、多くの批判が寄せられています。 率直に言って、私はこれまでのところそれらを楽しんでおり、歌を歌いながら歩くシーンは、これまでに見た中で最高の風景映画のいくつかを持っていて、それは何かを言っています.

関連:リングオブパワーエピソード4レビュー-美しくパワフル

繰り返しますが、後で説明するいくつかの懸念にもかかわらず、エピソード 5 で従う私のお気に入りのプロットはリンドンのプロットです。 ギルギラッドが戻ってきて、デュリンがいて、エルロンドとケレブリンボールがいる。 この部分で印象に残ったことがたくさんありました。 ElrondとDurinは、このショーで引き続き最高の組み合わせであり、Gil-galadと、彼らの将来について彼が本当に懸念していることをもっと見ることができて良かった. これは、エルフの光の退色の伝承と、この時代に何とかそれを維持しようとすることと完全に一致しています.

サウスランドに関しては、まあ、すべてが少し遅く感じました。 ガンダルフの言葉を引用すると、これは「突っ込む前の深呼吸」です。 しかし、ブロンウィンの絶望は、物語に収まる場所としては少し場違いに感じました。 おそらく、彼女が人々にとどまって戦うよう説得しようとする前に、これが起こっていたとしたら?

エピソード5は、みんながお互いに向かう必要があるようなものだったと思います. 今シーズンのストーリーの結末は、サウスランドでの戦いのようです。わずかな力ではありますが、Numenor がやってくるでしょう。 しかし、Harfoots は移住のために南に向かっているようにも見えます。 その間、アダーと彼の信奉者たちは、彫像に現れるその剣の柄を求めてやって来ますが、その真の意味はまだわかりません。

ちょっとした心配事

リング オブ パワー エピソード 5 のレビュー。 ガンダルフの言葉を引用すると、これは飛び込む前の深呼吸です。 でも、それでよかったの?

ですから、ここでいくつかの疑問を軽く踏まなければなりません。 サウロンから始めるべきだと思います。 ご存知のように、サウロンではないことを現在知っているキャラクターが少なくとも1人います。注意を払っていれば、先週からそれを知っていたはずです。 しかし、ファンからの最も永続的な理論の2つは、ハルブランドまたはサウロンであるストレンジャーのいずれかを中心に展開しています. このエピソードまで、私はなぜそれがどちらでもないのかについて多くの良い議論をすることができたので、これは私を喜ばせました. 私の意見では、サウロンがこれらのいずれかであることは、サウロンの性格、目的、または目標にとってまったく意味がありません.

しかし、何らかの理由で、ショーランナーはサウロンが彼らのどちらかである可能性があると私たちに思わせたいと思っています. 私はまだそうではないことを望んでいるので、以下でそれについてもう少し詳しく説明します. この時点でサウロンであることは、私にとってショーを傷つけるでしょう。

関連:リングオブパワーエピソード3レビュー-私はまだポジティブです

ギルガラドとエルロンドの間には、いくつかのクールなビジュアルで物語が語られる確かに素晴らしいシーンがあります. それが提示された方法は素晴らしかった。 しかし、それは私の考えでは、どの伝承にも当てはまりません。 はい、私はそれがすでに起こっており、再び起こることを知っています. しかし、ここでミスリルの神話が特に必要かどうかはわかりません。 トールキンは、私たちがファンタジーで「ハードマジックシステム」と呼ぶものを持っていませんでした. 言い換えれば、トールキンは魔法を簡潔に控えめに使用し、その限界やテクニックについては決して説明しません。

私の頭の中では、エルフの力の指輪である 3 つに最終的に浸透する魔法を説明するのに、彼らが少し頑張りすぎている可能性があることがわかります。 エルフが指輪のようなものを探している理由はまったく問題ありません。 しかし、ショーは本質的にミスリルの作成をシルマリルの 1 つに関連付けているようです。 シルマリル自体が木の光を含んでいるので、テーマ的にこれを行うのは理にかなっています。 しかし、ここで語られる伝説はこのショーのために完全に作り上げられたものであり、私はトールキン自身の手で何らかの関係を示唆するものを読んだことがありません.

ミスリルが入っているからといって、指輪は魔法なのですか? エルフの三人のうち少なくとも一人はミスリル、ネンヤから作られたことがわかっています。 彼らは今、ミスリルがすべてのリング オブ パワーの重要な構成要素であることを示唆しているのですか、それともエルフの 3 つだけでしょうか?

最終的にはこれでいいのかもしれませんが、ここで疑問と不安が出てきます。

予測と理論 (軽度のスポイラーに注意)

わかりました、私はまだ見知らぬ人が青の魔法使い以外のものだとは思いません. ちょっとサウロンのふりをしてみましょう。 流星となって降りてきた彼はどこにいたのだろうか? なぜ彼は年老いた定命の男に似た体を自分に与えたのでしょうか。 記憶がなく、彼の力を理解していない目的は何ですか?

いいえ、私たちが見ているのは、マイアができることを行うことに慣れている存在であり、今でははるかに虚弱で限られた人間の体に閉じ込められていると思います. サウロンは決して自分自身にそのような制限を課すことはありませんでした. 代わりに、この見知らぬ人は自分の限界と疲労を学んでいると思います。 食べ物、水、休息の必要性などの単純なことはすべて、物理的な存在ではないため、Maiar や Valar にとってはほとんど異質です。 なんらかの理由で私が間違っていて、これがサウロンである場合、このショーに関するすべてに質問します. 私が立っているところからそれは悪い考えです。

サウロンじゃなくて前に予想した青の魔法使いなら大丈夫。 しかし、なぜ彼が現れるたびに暗い音楽のようなものをからかう必要があるのでしょうか? 見知らぬ人が少し目を覚まし、彼らがいる世界を受け入れる準備ができています.

関連:リングオブパワープレミアレビュー – いくつかの失敗で素晴らしい

また、ハルブランドもサウロンではないことも予測します。なぜなら、なぜ私が答えられないのかという無数の疑問が残るからです。 最終的に、ハルブランドが最終的により暗い道をたどるのを見ることができました. ある時点で、彼がナインの才能を発揮することはほぼ確実です。 とはいえ、今のところ、彼は本当に怖がっているだけで、オークから安全なヌーメノールにとどまりたいと思っていると思います. しかし、剣の柄は彼の家宝であり、彼がモルゴスに続く祖先であることを示していると思います. シーズン1が終了する前に、その剣にまつわるストーリーがもっと出てくると思います.

シーズン 1 はあと 3 エピソードしかありません。 それでも、ここで語られている本当の話の表面をほとんど傷つけていないようにも感じます.

グレード: B+

あなた自身を残してください 力の指輪 できればエピソード5のレビューを以下に。 または、私が言わなければならなかったことについてどう思うか教えてください。 あなたは私に同意しますか、それともショーを見た後に反対しますか?

コメントする