政府は私有地のインフラへのアクセスを容易にすることでギガビットブロードバンドを後押しする • TechCrunch


英国政府は、通信事業者が私有地の電信柱に簡単にアクセスできるようにする計画を発表しました。これは、高速ブロードバンドを国の隅々に届けるためのより広範な推進の一環です。

この発表は、英国のいわゆる「ミニバジェット、雪だるま式の生活費の危機に対処し、景気後退の影響を食い止めるために部分的に設定されました。 クワシ・クワルテン首相が本日発表した措置には、所得税の基本税率の引き下げとエネルギー料金の凍結、銀行家のボーナスを制限する規則の廃止が含まれます。 しかし、テクノロジーの観点から見ると、政府の自称「成長計画」は 概説 重要なインフラストラクチャに関するその意図。これには、表の修正が含まれます。 製品セキュリティおよび通信インフラ法案、現在、貴族院を通り抜けています。

摩擦

イギリスのブロードバンド速度は ヨーロッパで最も遅い、これは英国を次のようなイニシアチブの道に導きました 50 億ポンドのプロジェクト ギガビットは最近、農村地域を高速ブロードバンドに接続する最初の契約を結びました。

他の場所では、英国政府が新しい物理インフラストラクチャ アクセスを可決しました (ぴあ)規制 2019年に戻って ファイバーネットワークの競争を促進する。 これにより、サードパーティは基本的に、既存のダクト インフラストラクチャに独自のファイバー ケーブルを敷設したり、既存の電柱に独自の機器を取り付けたりすることができます。 これにより、民間企業がゼロから始めることなく独自のインフラストラクチャを導入できるようになりました。

今日のニュースは基本的に、通信会社が私有地にある場合に電信柱 (インターネット配信に不可欠) をアップグレードまたは修理するための障壁を下げることによって、それに基づいています。

現状では、企業は土地所有者に電信柱を設置または維持する許可を求めなければなりません。 土地所有者が拒否した場合でも、通信事業者は裁判所に申請してアクセスを求めることができますが、それは長くて骨の折れるプロセスになる可能性があります。 これは、英国政府が国のギガビット ブロードバンドへのアクセスを現在の 70% から 2025 年までに 85% に拡大しようとしていることを考えると、より顕著になります。

政府は、私有地の電信柱へのアクセスを容易にするための具体的な計画を明らかにしていませんが、許可を得るために必要な官僚機構とフォーム入力の少なくとも一部を削除することを含む可能性があります。

コメントする