Ford の EV への取り組みの 56 億ドルの震源地は現在建設中です • TechCrunch


Ford は金曜日、56 億ドルをかけたテネシー州の BlueOval Town 複合施設を建設しました。これは、将来の電気自動車の震源地であり、2026 年後半までに年間 200 万台の EV を販売するという目標に向けた重要なマイルストーンです。

BlueOval Metropolis は、2025 年に F-150 Lightning と 2 番目のバッテリー電気ピックアップを含む、将来の Ford および Lincoln EV 用の高度なバッテリーの製造を開始する予定です。

自動車メーカーは、BlueOval City を同社の 119 年の歴史の中で「最大かつ最先端の自動車生産施設」と呼んでいます。 全体として、韓国のバッテリー メーカー Sk On との 114 億ドルの合弁事業は、テネシー州メンフィス近くの新しい 6 平方マイルのメガ キャンパスと、ケンタッキー州グレンデールの 2 つのバッテリー工場で、約 6,000 人の雇用を創出します。

「この施設は、フォードの将来の製造施設の青写真であり、フォードがアメリカの電気自動車への移行をリードすることを可能にするでしょう」と、フォードの新しいフットプリント建設のディレクターであるエリック・グラブは声明で述べました.

Ford とその建設パートナーは 3 月に土地の準備を開始し、これまでに 34,500 の裏庭のプールを満たすのに十分な土砂を動かし、会社によると、自由の女神を 1,600 回建てるのに十分なトンの石を敷き詰めました。

自動車メーカーの株価は、インフレの上昇と進行中のサプライ チェーンの問題により、第 3 四半期にサプライヤーのコストが予想よりも 10 億ドル高くなると月曜日に発表した後、今週 15% 下落しました。 金曜日の東部標準時間午前 10 時の株価は 12.30 ドルで取引されており、月曜日に市場が開いたときの 14.50 ドルから下落しました。

フォードはまた、継続的な車両部品不足により、9月までに工場で最大45,000台の未完成車(主に利益率の高いトラックとSUV)がボトルネックになると述べた。 それでも、自動車メーカーは、第 4 四半期に生産された車両に対する需要が溜まっているため、利子および税引前利益について通年の見通しである 115 億ドルから 125 億ドルを再確認しました。

木曜日、フォードは、2026 年までの電動化と車両技術への自動車メーカーの 500 億ドルの投資をサポートするために 3 月に設立されたスタンドアロンの EV ビジネス ユニットである Ford Model e の拡大に取り組む中で、リーダーシップの変更を発表しました。

Doug Discipline は、高度な製品開発および技術の最高責任者に任命され、EV 製品、高度な運転支援、ソフトウェアおよびデジタル システムの開発、ならびに設計および車両ハードウェア エンジニアリングを監督しています。

EV産業化担当バイスプレジデントのリサ・ドレイクが製造エンジニアリングを率いる。 Ford の EV テクノロジー担当副社長である Chuck Grey は、現在、車両ハードウェア エンジニアリングを担当しています。

コメントする