Byju’s が Blackstone への 2 億 3000 万ドルの支払いをクリアし、10 億ドルの Aakash 取引を実現 • TechCrunch


Byju’s は、Aakash の 10 億ドルの買収のために世界的な投資巨人に負っていた 2 億 3,400 万ドルを支払うことで、Blackstone へのすべての支払いを清算した、とこの件に詳しい情報筋は TechCrunch に語り、ここ数ヶ月でインドの edtech 巨人に対して向けられた批判の 1 つに対処した.

ベンガルールに本社を置き、評価額が 220 億ドルに上るスタートアップは、規制当局の許可を理由に、昨年の体育チェーンの約 10 億ドルの買収に対する一部の支払いを差し控えていました。 Byju’s の投資家でもある Blackstone は、買収前に Aakash の約 38% を所有していました。

Byju Raveendran は、同名の Edtech スタートアップの創設者兼最高経営責任者であり、今月初めの TechCrunch のインタビューで、Byju’s と Blackstone は後で支払いを処理することを相互に決定したと語った。 インドの新興企業は今週会費を清算したと情報筋は述べ、詳細は非公開であるため匿名を条件に語った.

Blackstone と Byju’s は、金曜日の夜にコメントを求めたが、すぐには返答しなかった。

幼稚園から競争力のある大学入試の準備をしている学生にオンラインおよびオフラインの学習サービスを提供するインドのスタートアップ企業は、過去 2 年間で 25 億ドル以上を費やして、米国に本拠を置く読書プラットフォーム Epic、コーディング スイートなどの多数の企業を買収しました。 Tynker、インドを拠点とする Terrific Learning、GradeUp、Topper、オーストリアの GeoGebra。

Raveendran は以前のインタビューで、上場の edtech 企業 2U の買収にも入札したことを確認した。

今月初め、インドの新興企業は、2021 年 3 月に終了する年度の財務会計を明らかにしましたが、遅れが長引いていました。 Byju’s は、2021 年 3 月に終了した会計年度に 3 億 560 万ドルの収益を記録し、損失を 5 億 7740 万ドルに拡大したと述べました。Raveendran 氏は、2021 年度の収益の約 40% が、消費期間とクレジット販売期間のために、2021 年度まで繰り延べられたと述べました。翌年。

Blackrock、Tiger Global、Lightspeed Venture Partners、Sequoia India を後援者とするこのスタートアップは、今年 3 月に終了した会計年度に 12 億 5800 万ドル (未監査) の総収益を上げたと述べた。 4 月から 7 月までの間に、このスタートアップは 5 億 7000 万ドルの収益を上げたという。

Byju’s は来年上場を目指している。 Raveendran は以前のインタビューで、Byju’s はマクロ市場の状況を注視しており、9 ~ 12 か月以内に IPO を申請すると述べた。 「今年市場が変わるとは思わない」と彼は言った。

コメントする