米国は水素生産大国になりたい


ドイツ-エネルギー-水素
2021 年 7 月 2 日、ドイツのヴェッセリングにある世界初のグリーン水素製造プラントの 1 つ。 | | Getty Images経由のINA FASSBENDER / AFPによる写真

気候変動の原因となる化石燃料汚染を終わらせようとするバイデン政権にとって、水素燃料の生産を増やすことは現在最優先事項です。 草案によると、エネルギー省は 2030 年までに 1,000 万トンの「クリーンな」水素を生産したいと考えています。 国家クリーン水素戦略とロードマップ 昨日リリースされました。

米国では毎年約 1,000 万トンの水素がすでに生産されていますが、それは ほとんどが「灰色」の水素 汚れた天然ガスで作られています。 変化は、その天然ガスを、二酸化炭素排出を捕捉し、再生可能エネルギー源と原子力エネルギーを使用してより多くの水素を作る、物議を醸している技術と組み合わせることです。

ち…

読み続けて…

コメントする