Apple Observe の低電力モードに関するガイド • TechCrunch


バッテリー寿命は長い間、Apple Enjoy の最大の欠点でした。 この問題は、同社が 2020 年に watchOS 7 で睡眠追跡に全面的に取り組んだときに、より顕著になりました。Apple は、ハードウェアの mAh を増やすのではなく、ユーザーが特定の割合を下回った場合にポップアップするアラートという回避策を提示しました。就寝前、充電が必要です。

本日発売の Look at Extremely では、Apple がこの問題に正面から取り組んでいることがわかります。 より大きなケース (シリーズ 8 の 45 に対して 49mm) と、ハプティック モーターなどのコンポーネントのスリム化が相まって、バッテリー用により多くの内部スペースが提供されます。 その結果、スポーツ重視のモデルは、わずかに大きい画面と 2 倍の明るさ (1,000 から 2,000 nits) にもかかわらず、シリーズ 8 の 18 時間を効果的に 2 倍の 36 時間にしています。

残りの製品については、Apple はハードウェアに意味のある変更を加えることなく、バッテリー寿命を改善しようとしています。 代わりに、watchOS 9 で展開された新しい低電力モードを通じて問題に対処しています。この発表の前に、Apple Look at にはパワー リザーブ モードがありました。これは、バッテリーが 2 桁に落ちたときの一種の最後の手段として設計された機能です。 休止状態に入ると、デバイスは時間を伝える以外にはあまり役に立ちません。

新しい低電力モードは異なります。 それは、電力を大量に消費し、おそらく不要な機能をオフにして、より多くの寿命を延ばすことですが、ほとんどの場合、それはまだ完全に機能するスマートウォッチです. 「Far Out」イベント中、Apple は、低電力モードにより、Apple Enjoy Sequence 8 のフル充電で最大 36 時間のバッテリー寿命、新しい Apple Enjoy Extremely のフル充電で 60 時間のバッテリー寿命が得られると述べました。 .

低電力モードをオンにすると、システムは常時オンのディスプレイ、バックグラウンドでの心拍数と血中酸素測定、ワークアウトのリマインダー、ワークアウトの自動検出、不規則な心拍リズム、高心拍数、低心拍数の通知を無効にします。 また、このモードでは、セルラー ping が 1 時間ごとおよびオンデマンドに削減され、バッテリー寿命が維持されます。

低電力モードは、通常の電力モードで 12 時間を超えるトライアスロンのような GPS ベースの長時間のワークアウトを増やすことで、Apple Watch Extremely のバッテリー寿命も延ばします。

Apple Watch で低電力モードをオンにする方法は次のとおりです。

  • 設定に移動
  • [バッテリー]セクションまで下にスクロールします
  • その下にある[低電力モード]トグルをオンにします。

低電力モードがオンになると、画面の上に黄色の円が表示されます。 さらに、コントロール センターのバッテリー パーセンテージ、充電アニメーション、ナイトスタンド モードの時間が黄色に変わります。

Apple Watch のバッテリー レベルが 10% に達すると、ユーザーは低電力モードをオンにするように求める通知を受け取ります。 充電中は、80% になると自動的にモードがオフになります。

同社はまた、より長いワークアウト中のバッテリー寿命を延ばすために、両方の測定のサンプリングを減らすReduced GPS and HRモードにも取り組んでいます. この新しいモードは、低電力モードの下の別のトグルに存在し、今年後半に展開される予定です.

低電力モード機能は watchOS 9 アップデートの一部であるため、Apple Enjoy 4 以降のすべてのデバイスは、ソフトウェア アップデートを介して設定に含まれます。

コメントする