レポート: ブルース・ウィリスは彼を売却しました “デジタルツイン” 広告や場合によっては映画で使用するための Deepcake の肖像権。 ロシアの広告ではすでにウィリスのディープフェイクが使われている (Benj Edwards/Ars Technica)




ベンジ・エドワーズ / アルステクニカ:

報告: ブルース・ウィリスは、彼の「デジタル ツイン」の肖像権を、広告や、場合によっては映画で使用するために、Deepcake に売却しました。 ロシアの広告はすでにウィリスのディープフェイクを使用していた— 技術により、ウィリスのドッペルゲンガーは、言語障害の診断を受けても働き続けることができます。



コメントする