イーロン・マスクは人口崩壊について完全に間違っている


20世紀初頭のフランス 存亡の危機に直面していたのです。市民は十分な数の赤ちゃんを産んでいませんでした。 1900 年、平均的なフランス人女性は生涯で 3 人の子供を出産しましたが、国境を越えたドイツの女性は平均 5 人でした。 何十年もの間、フランスの人口は頑固に約 4,000 万人で横ばいを続けていましたが、ヨーロッパのライバルの人口はさらに大きくなりました。 「これはフランス人の生活において最も重要な事実です。 出生率がこれほど低い国は世界のどこにもない」と、アメリカのジャーナリスト、ウォルター・ワイルは 1912 年に書いています。

フランス社会は危機を回避するために行動を起こしました。 出生前主義者組織が出現し、1916 年までに全フランス国会議員の半数が ロビー団体 出生率の引き上げを目的とした政策を推し進めた。 毎年恒例の賞が発足し、9 人以上の子供を育てた 90 人のフランス人の親に 25,000 フランが授与されました。 中絶と避妊を制限する法律が可決され、大家族の母親は 光栄な 育てた子供の数に応じてメダルがもらえます。

これらのいずれも、フランスの出生率低下の軌道を変えるものではありませんでした。 「フランス人 4,100 万人が、ドイツ人 6,700 万人、イタリア人 4,300 万人に直面している」と 1937 年 1 月に元大臣のポール レイノーは嘆きました。 もちろん、レイノーは正しかったが、それは長い間だけだった。 第二次世界大戦後の数十年間、フランスの人口は膨れ上がりました。これは、ベビー ブームと強い移民によって後押しされました。 この戦後の好景気はとっくの昔に過ぎ去りましたが、フランスは依然として出生率が最も高く、 EU加盟国: 恐れられていた人口減少は実現しませんでした。

しかし、人口減少への不安が消えることはありませんでした。 マスク氏にとって出生率の停滞は特定の国にとっての危機ではなく、地球全体に対する実存的な脅威である. マスク氏は、2019 年 8 月の AI 会議で次のように述べています。 「低出生率による人口崩壊は、地球温暖化よりも文明にとってはるかに大きなリスクです」と彼は言いました。 つぶやいた 2022年に「これらの言葉に印を付けてください。」

人口学者たちはマスク氏の言葉に注目しているが、彼の悲惨な予測には同意していない。 ウィーン人口学研究所のトマス・ソボトカは、「80 億人が地球上にいる現在、崩壊が起こっているとは考えておらず、予測すらされていません」と述べています。 最も悲観的な予測でさえ、2100 年の世界人口は約 88億. これは、国連のより広く合意された基準をはるかに下回っています。 推定104億、しかし、現在地球上にいるよりもまだ約8億人多い. ほとんどの予測は、世界の人口が 21 世紀後半のある時点でピークに達し、その後横ばいになるか、徐々に減少するという点で一致しています。 これを崩壊とみなすのは「おそらくあまりにも劇的だ」と、国連の人口推計・予測セクションのチーフであるパトリック・ガーランドは言う。

国連によると、2022年から2050年の間に全体的に減少する唯一の地域は、東アジアと東南アジアです。 他の地域では、まったく異なるストーリーが語られます。 サハラ以南のアフリカの人口は、2022 年の 12 億人から 2050 年には 21 億人弱にほぼ倍増します。同じ期間に、インドの人口は 2 億 5000 万人以上増加し、世界最大の中国を追い抜くでしょう。 世界のほとんどの国にとって、人口減少は心配する必要はありません。

しかし、非常に遠い未来についてはどうですか? 日本の人口はすでに減少しており、合計特殊出生率は世界で最も低い国の 1 つです。日本人女性 生涯で平均1.3人の子供。 人口が一定であるためには、移動がなく平均寿命がほぼ一定であると仮定すると、この数は 2.1 である必要があります。 出生率が 2.1 を下回る状態が長く続くと、人口は減少し始めます。 日本の人口は、2010 年に 1 億 2,810 万人でピークに達し、その後 10 年間で 1 億 2,580 万人までゆっくりと減少しました。



コメントする