Tun Mahathir は、DRB-Hicom によって彼にもたらされた Polestar 2 を探索します – Proton が独自の EV を生産することを望んでいます


今朝早く、Tun Dr Mahathir Mohamad は Polestar 2 と親密になり、DRB-Hicom は登録プレート「WHX 2020」が付いた白いユニットを元首相であり Proton の創設者にもたらしました。

Polestar 2 は、Volvo とその中国の親会社である Geely Holding が共同所有するスタンドアロンの電動オフシュートの 2 番目のモデルであり、Geely Holding も Proton の 49.9% の株式を所有しています。 現在、リフトバック モデルには 3 つのバリエーションがあり、バッテリー容量は 69 ~ 78 kWh、出力は 408 PS (402 馬力または 300 kW)/660 Nm および 231 PS (228 馬力または 170 kW)/330 Nm です。前輪駆動か全輪駆動かによって異なります。

「1回の充電で最大400km走行できることは理解しています。 この車を通常どおり使用するには、1回のフル充電で十分です。 充電に関しては、100% になるまでに 2 時間もかかりません。 自宅の電気で充電した場合、約7時間かかります。 しかし、最近では全国に 1,000 を超える充電ステーションがあり、どこでも問題なく充電できるため、難しいことではありません」とマハティール氏は自身の公式 Facebook ページに投稿しました。

彼は Polestar 2 のデザインの大ファンでもあり、EV のフロント トランク (フランク) と、多くの車両機能をタブレット スタイルのタッチスクリーン インフォテインメント システムに統合したミニマルで未来的なキャビンを指摘しました。

マハティール氏はまた、EV は汚染を削減するための手段であり、ほとんどの国では地方自治体がそのようなゼロエミッション車の購入を奨励していると述べました。 ただし、EV は排気ガスを出さないため、使用しても大気が汚染されることはありませんが、EV を充電するために使用される電力は、汚染する発電所から供給されていると彼は指摘しました。

そのため、EVはまだ真に無公害の段階に達していないと述べ、分析と解決が必要な独自の問題を抱えているものの、水素燃料電池車がより良い代替手段になる可能性があると付け加えた。 今のところ、EV は都市の空気をきれいにするための選択肢だと彼は言いました。 マハティール氏は、プロトンがEVプロジェクトの開発を進め、いつの日か独自のEVを市場に投入できるようになることを望んでいると述べて投稿を締めくくりました。



コメントする