レアな乗り物のアイコン、ニッサン マキシマ ストーリー (パート III)


2022 年 8 月 25 日 11:55 午前
シェア

810、910、日産のダットサン、ダットサンのマキシマ、ダットサン/日産などとして最初の数年間を過ごした後、マキシマは日産のブランドの下で恒久的な家に落ち着きました。 設備の整ったコンパクト セダンは、1985 年にまったく新しいマキシマが登場する前の 1982 年から 1984 年の間に米国で 198,000 台以上販売されました (販売データが入手可能な最も古い年は 82 年です)。最も直接的な競争相手であるトヨタのクレシダのマキシマ。 1984 年 10 月を想像してみてください。

1980 年代前半から半ばにかけてのセダンの傾向は、消費者がパッケージングと燃費の効率化を求めたため、ダウンサイジングと前輪駆動へと向かっていました。 さらに、若い顧客は、ドイツ企業がヨーロッパで提供する高価な製品にお金をつぎ込むようになりました。これは、「スポーティ セダン」が新たに市場の重要なセグメントになったことを意味します。 デトロイトと日本がリーダーに続いて、さまざまな程度の成功を収めました (Deville Touring Sedan などはありませんか?)。 一方、日産は前輪駆動に傾倒した 新しい Maxima のスポーティさ。

これは、北米の消費者を念頭に置いて設計された最初のマキシマであり、その目的のために設計された最初のマキシマでした. 繰り返しになりますが、Maxima は日本市場の Bluebird のバージョンであり、Bluebird の使用法では U11 と呼ばれるプラットフォームです。 フロントドライブの動機への切り替えにもかかわらず、1984年の新しいU11ブルーバードは、発信モデルに非常に似ていました.

ホイールベースはわずかに増加し、99.4 インチから 100.4 インチになりました。 同様に、ブルーバード セダンは、以前の 171.3 インチよりわずかに大きく、171.7 インチでした。 ワゴンは、セダンより約 4 インチ長かった。 新しいブルーバードでは、幅が 65 インチから 66.5 インチに増加しました。

前輪駆動への変更に伴い、ボディスタイルが一新されました。 日産は2ドアモデルとしてZに注力することを決定したため、クーペは姿を消しました。 残ったのは4ドアセダンとハードトップ、そして5ドアワゴン。 プラットフォームを共有していることを考えると、輸出市場向けの Maxima は U11 Bluebird と非常に似ていると考える人もいるかもしれませんが、そうではありません。

市場間のボディ スタイルは似ていましたが (これについては後で詳しく説明します)、ブルーバードのバリエーションとして初めてマキシマが日本で提供されました。 Maxima は、北米では 4 ドア セダンと 5 ドア ワゴンのみで販売されました。 マキシマワゴンは日本のお客様にもご利用いただけましたが、残念賞をいただきました。

マキシマは、日本市場限定で、6 ウィンドウのピラーレス ハードトップとして提供されました。 正式名称:Bluebird Maxima II。 簡単に輸入できたはずですが、ハードトップのボディ スタイルは北米では日本と同じように魅力的ではありませんでした。 上に表示されているのは、1986 年の Maxima ハードトップ、具体的には V6 2000 Turbo Legrand です。

セダンとハードトップのマキシマは同じサイズで、ワゴンの方が大きい。 Bluebird と同じ 100.4 インチのプラットフォームに乗っていましたが、すべての Maximas は独自のスタイルを持ち、JDM の兄弟よりも著しく大きかったです。 セダンの全長は181.5インチで、ブルーバードより約10倍長い。 ワゴンの長さは 184.8 インチで、ブルーバード ワゴンよりも 7 インチ長かった。 市場間で共有されるのは、66.5 インチの幅です。 マキシマ セダンの全高は 54.7 インチ、ワゴンは 55.7 インチでした。

新型 Maxima のエンジンはすべて V6 で、数は 3 基でした。 そのうちの 2 つは日本市場マキシマ限定で、1 つは興味深いものでした。 2.0リッターのVG20E V6には、自然吸気とターボチャージャーの2つの異なるバージョンが用意されました。 自然な呼吸で、2.0 は約 120 馬力を管理し、ターボはその数値を 170 馬力に上げました。

輸出市場マキシマスの唯一のエンジンは、今やおなじみの 3.0 リッター VG30 V6 でした。 と共有 たくさんの 次の 10 年間で日産車、VG30 はインフィニティ、日産のハードボーイ トラック、パスファインダー、そして最終的にはマーキュリー ヴィレッジャーに広がりました。 エンジンは 153 馬力と 182 lb-ft のトルクを発生しました。 これを 300ZX に追加すると、160 馬力と 173 lb-ft のトルクが発生しました。 すべての Maxima ボディ スタイルのトランスミッションは、4 速オートマチックまたは 5 速マニュアルでした。

1985 年モデルの販売で、PU11 マキシマは 1984 年 10 月 17 日にデビューしました。駆動輪を交換し、まったく新しい車でしたが、新しいマキシマは以前のモデルの箱型のスタイリングから遠く離れていませんでした。 ヘッドランプは、以前の密閉されたビームの代わりに、新しく許可された複合ユニットに更新されました。 全体的な外観は、最初のマキシマと同じくらい控えめで真面目でしたが、スタイリングにはより意図的な方向性がありました.

フロントドライブのプロポーションは明らかでしたが、四角いフロントエンドにより、以前と同様の側面プロファイルが得られました。 日産はトリムを重ねませんでした。クロムは控えめに使用され、主に窓の周りとドアハンドルに現れました。 新しい Maxima の後部は、古いもののコピーのようでしたが、とても穏やかに更新されました。

ブレーキランプは以前よりも小さくなりましたが、それ以外はほとんど同じに見えました。 新車ではフロントとリアの両方のバンパーがボディ同色で、古いマキシマの真っ黒なバタリング ラムよりも改善されています。 日産は、古いマキシマで見つけた販売の成功を享受し、新しいイテレーションのスタイリング ポットをかき立てることはありませんでした。

2 つのモデル年を経て、1987 年に更新された Maxima が登場しました。わずかに更新されたフロントとリアのクリップがよりまとまりのある外観になり、必須の自動ショルダー ベルトが更新されたインテリア内に表示されました。 この時点で、日産はスポーツ性を取り入れ、マキシマの履歴書にテクノロジーを追加し始めました。 Maxima の MSRP は、この数年間で著しく上昇しました。

タッチパッドのキーレス エントリー、標準のパワー ウィンドウとトランク リリース、合金、奇数音声警告リマインダーなどの細かな点が、Maxima を高級なものにしました。 加熱された革シートのような機能はオプションのエキストラになり、高級品のような価格になりました. アナログ計器をデジタル計器に交換し、トリップコンピューターを追加した新しい電子パッケージがありました。

GLがGXE(当時のベーストリム)になったため、トリムは高級市場の動きに合わせてシャッフルされ、モノクロのルックスとより深刻な個性を持つスポーティーなSEが登場しました。 SEにはデュアルパワーシートもあり、多くの場合5速マニュアルが装備され、セキュリティシステムが標準装備されていました。 SEは、黒いサイドミラー、黒いボディトリム、リアスポイラーで際立っていた。

1988 年には、トリップ コンピューターの代わりに新しいソナー サスペンション システムが電子パッケージの一部として追加されました。 高度な機能は、ソナーを使用して前方の道路をスキャンし、ショック ダンピングを調整してライド コントロールを向上させます。 マキシマの両方のトリムは、日産が競合他社との差別化に成功したため、クレシダの柔らかくてブローアミーな同類よりもスポーティでした.

X70 世代のクレシダも 1984 年に新しく登場し、おそらくより豪華でしたが、かなり平凡で、パワーが低く、かなり高価でした。 1988 年、X70 Cressida と PU11 Maxima は最終モデル年でした。 クレシダはマイナー アップデートを受けましたが、マキシマはアイデンティティを磨き、より高価になりました。

その年、単一のクレシダ トリムが 20,960 ドル (調整後 53,672 ドル) で提供されました。 Maxima は GXE で 17,774 ドル (調整後 45,514 ドル) から始まりましたが、標準 SE は 17.974 ドル (調整後 46,026 ドル) でした。 人気のないワゴンは、GXE として 18,974 ドル (調整後 48,587 ドル) でしか入手できませんでしたが、最も高価なマキシマは、フル装備の SE スペシャル エディションで 19,274 ドル (調整後 49,355 ドル) でした。

セールスは、高級セダンの銃撃戦に勝った会社の話をしました。 1988 年のクレシダの販売台数はわずか 14,195 台でしたが、マキシマはその数倍の 74,451 台を販売しました。 高級セダンに取って代わるスポーツセダンは、日産のために働いていました。 そのことを念頭に置いて、日産は 1989 年にセダンの伝説を作り、それを 4DSC として売り出しました。 次回はそこをピックアップします。

TTACのインサイダーになりましょう。 最新のニュース、機能、TTAC の見解、その他すべての自動車に関する真実を最初に入手してください。 ニュースレターの購読.

[Images: Nissan]

コメントする