2022 年以降のカナダにおける自動車購入の進化


2022 年以降のカナダにおける自動車購入の進化

投稿日: 2022 年 8 月 22 日

カナダの自動車部門は、その運営方法に大きな変化を遂げています。 オンタリオ州は最近、自動車メーカーが組立ラインを 全電気自動車.

地球温暖化に関する政治や信念に関係なく、石油は限られた資源であり、カナダには利用すべき再生可能エネルギー源があることに、私たちは皆同意できます。

人類は将来重要な目的のために石油を使用するかもしれませんが、世界の石油埋蔵量がいつ枯渇するかは予測できません。

EVへの乗り換えのタイミングは?

カナダでEVを所有することの主な利点と潜在的な欠点のいくつかを見ていきます.

ガソリン車に支払う金額と比較してわずかに高いコストは、精神的に準備する必要がある最初のことの1つです.

全世界が完全電気自動車への切り替えを試みているため、自動車に使用される原材料の需要が非常に高く、供給が不足しています。

ガソリン式 自動車は、市場に多く出回っているため、通常、電気自動車よりも安く購入できます。

カナダ人は、これらの車が提供する大幅なコスト削減の恩恵を受けたいため、製造されたすべての EV を購入します。

カナダでの EV 所有の主な利点

ガソリン 1 リットルあたりのコストが高いため、ガソリン スタンドを通過するときに恐怖で身震いすることはありません。

カナダでは、電気代は妥当です。 100 ドル以上払って現在の車に燃料を補給するのではなく、数ドルで電気自動車 (EV) に燃料を補給できます。

一部の人々は、EV の充電時間が過剰であり、最終的には減少すると主張しています。

5 年後には、車の充電にかかる時間は、車にガソリンを入れるのにかかる時間と同じになると予想するのは現実的です。

ただし、これは新しい技術であり、一般に公開する前に証明する必要があります。

メンテナンスの費用は最小限に抑えられます。 自分で電気自動車を操作することはできませんが、現在の自動車の大部分は複雑であり、愛好家の整備士が試みるべきではありません。

タイヤの交換は、EV 所有者が負担する最も高額な維持費ですが、これはすべての車両に関連する費用です。

クラシックなフォード マスタングであろうとフェラーリであろうと、誰もが EV に切り替えるにはしばらく時間がかかりますが、それは「もし」ではなく「いつ」の問題です。

感傷的な理由でガソリン車にしがみつく人もいます。 EVを試乗して、大騒ぎが何であるかを確認してみませんか?

切り替えることで、お金と環境を同時に節約できます。 ガソリン車と比べると、EVの速さには驚かされます。

読んでくれてありがとう。 必ずお問い合わせください フェイスブックツイッターインスタグラム、 また リンクトイン 最新の素晴らしい記事を最新の状態に保つために!



コメントする