Uber が Ioniq 5 ロボタクシーを米国の「何百万人もの顧客」に配備


ライドシェアの巨人 ユーバー 自動運転技術の開発者と 10 年間の商業契約を締結 モーショナル 米国の特定の地域で「完全無人運転」と配送サービスを提供する。

契約の一環として、Uber は Motional のヒュンダイ Ioniq 5 ベースの電動ロボタクシーを「戦略的に」米国内の特定の都市に展開し、「何百万もの顧客」に到達する可能性を秘めています。

この 10 年間の契約は、Motional がカリフォルニア州の UberEats の顧客向けに自律的な食品配達を開始した今年の初めからの最近のパイロットに基づいています。

両社は、この 10 年間の契約により、自動運転の配車サービスと配送サービスの両方を提供する最初の企業になると主張しています。

これらの自動ロボタクシー Uber の最初の旅行は、年末までに開始される予定です。 米国の特定の都市では、UberX および Uber Convenience Electric カテゴリから利用できます。

企業によると、都市とサービスの詳細は今後明らかになる予定です。

「この合意は、ロボタクシーの幅広い採用に役立つでしょう」とMotionalの社長兼CEOであるKarl Iagnemmaは述べています。

「Motional は現在、何百万人ものライダーへの比類のないアクセスと、今後 10 年間で大幅に拡大するロードマップを持っています。 Uber と提携して、ドライバーレス配車サービスと配達サービスを全米の都市で実現できることを誇りに思います。」

Uber が自動運転技術に足を踏み入れたのはこれが初めてではありません。

Uber は何年にもわたって独自の自律走行車技術を開発していましたが、何年にもわたるスキャンダルの後、プロジェクトを閉鎖しました。たとえば、Uber のテスト車両にはねられた歩行者が死亡したり、Google から秘密を盗んだとしてエンジニアが投獄されたりしました。

2020 年後半、Uber はその Highly developed Technological know-how Team を Aurora にオフロードすることを決定しました。Aurora は自動運転トラックの実現に焦点を当てたスタートアップです。

この取引の一環として、Uber は Aurora に 4 億ドル (6 億 2,300 万ドル) を投資し、26% の株式を取得しました。 Uber の Dara Khosrowshahi CEO も Aurora の取締役会に参加しました。

全電動の Hyundai Ioniq 5 ロボタクシーを Uber フリートに導入する動きは、米国で 2030 年までにゼロエミッション プラットフォームになるという Uber の取り組みに「積極的に貢献」することを目的としています。

Khosrowshahi 氏は次のように語った。 CBSニュース 同社は 9 月に、カナダとヨーロッパでも同じ目標を掲げることを約束しました。

Uber は以前、2040 年までにゼロエミッション企業になりたいと述べており、さまざまなインセンティブを利用して、世界中のドライバーに電力への移行を促してきました。

オーストラリアでは、現在から 2025 年半ばまでの間に電気自動車ドライバーのサービス料金を半額にし、オペレーターがガソリン、ディーゼル、ハイブリッド車から離れることを奨励しています。

このポリシーは、オーストラリアでの 12 か月間の試行の成功に続くものです。 Uber によると、この動きはオーストラリアの電気自動車市場への 2,600 万ドルの投資に相当します。

Uber によると、2021 年 7 月 1 日から 2022 年 7 月 8 日までの間に 378,000 回以上の電動乗車が完了し、オーストラリア周辺の毎月の EV 乗車の数はほぼ 5 倍に増加しました。

2021 年に Uber が実施した調査によると、同社のドライバーのほぼ 60% が 2026 年までに電動化を検討しているとのことですが、それは費用対効果を高めることができる場合に限られます。

Uber のオーストラリアとニュージーランドのゼネラル マネージャーである Dom Taylor 氏は昨年、サービス料金の半額で Uber は乗車ごとに「損失」を被るだろうと述べましたが、同社の車両の一部が電力に移行することの「メリット」は「価値がある」と考えています。それ”。

詳細: Uber は何年にもわたるスキャンダルの後、自動運転車の開発を中止
詳細: 2023 年に自動運転のヒュンダイ Ioniq 5 タクシーを発売するモーショナル
もっと: Uber は、一部の市場で 2030 年までに EV 専用になりたいと考えています



コメントする