2024 ホンダ プロローグ デビュー – GM Ultium バッテリー技術を搭載した EV SUV。 デュアルモーターAWD CR-Vより大きい


ホンダはついに、2024 年に北米市場で発売される完全電動 SUV セットであるまったく新しいプロローグを発表しました。シボレー ブレイザー EV にも見られるモジュール式電気プラットフォームと Ultium バッテリー技術。

今のところ、ホンダは新しい EV の仕様を提供していませんが、報告によると、それはブレイザー EV に匹敵するとのことです。 シボレー モデルは、フロント (FWD) またはリア (RWD) のいずれかに取り付けられた単一の電気モーターで提供され、3 つ目のオプションは、全輪駆動用のデュアル モーター構成です。

最も強力な SS バリアントは、最大 565 PS (557 hp または 415 kW) および 879 Nm のトルクを備えた AWD セットアップを使用し、最大 467 km (290 マイルの範囲) を提供します。 RS は、1 回の充電で最大 515 km (320 マイル) まで航続距離を伸ばすことができます。

プロローグのパワートレインは今のところ謎のままですが、ホンダは他の詳細を喜んで共有します. まず、電気自動車 (EV) は最新の CR-V の上に位置し、パスポートと並んでラインナップされます。

プロローグは全長4,877mm×全幅1,989mm×全高1,643mm、ホイールベースは3,094mm。 ちなみに、6代目CR-Vは全長4,694mm×全幅1,864mm×全高1,681mmで、ホイールベースは2,700mm。 比較にパスポートを追加すると、頑丈なミッドサイズ SUV の最大の AWD バリアントは、長さ 4,803 mm、幅 1,996 mm、高さ 1,834 mm、ホイールベースは 2,817 mm です。

プロローグの外観はロサンゼルスのホンダ デザイン スタジオが担当しており、この自動車メーカーは、この SUV はクリーンでシンプルな「Neo-Rugged」のデザイン ディレクションに従っていると述べています。 丸みを帯びたフロント エンドには、伝統的にグリルがあった場所に黒いパネルがあり、各クラスターの上部にデイタイム ランニング ライトとして機能する太いライト バーを備えたコンパクトなヘッドランプが並んでいます。

ボンネットの折り目とつながるホンダのロゴの下の折り目部分は、厚いフレームを備えた下部インテークを指しており、車の安全性と運転支援システム。 フォグランプを統合するバンパーのコーナーにはエアカーテンもあります。

側面に沿って、きれいでシンプルな表面は比較的控えめなボディクラッドを伴い、一部のEVとは異なり、ドアハンドルはボディワークと同じ高さを保つために格納されません. ホンダは、デビュー車には6本スポークデザインの21インチホイールとパノラマサンルーフが装備されていると指摘しています。 ここに表示されている塗装仕上げは、ノース ショア パールと呼ばれ、カリフォルニア州のタホ湖近くの自然の美しさと色にインスパイアされています。

一見すると、特にテールライトを見ると、リアにレンジローバー イヴォークのヒントがあります。 スリムなツーピースの配置は、Honda スクリプトが書かれたテールゲートのトリム ピースによってリンクされており、書体は中国で入手可能な e:NS1 および e:NP1 のものとほぼ同じに見えます。 他の手がかりには、下部エプロンの黒いトリムの間に設定された偽のスキッドプレートが含まれます.テールゲートのバッジは、これがAWDパワートレインを備えたエリートバリアントであることを示唆しています.

内部に移動すると、ホンダはダッシュボードにある最大の画面にタックすることを選択しませんでした。 代わりに、11.3 インチのタッチスクリーンしかありませんが、厚いベゼルと使いやすいボリューム ダイヤルが含まれているため、かなりの水平スペースが占有されます。

インフォテインメントのタッチスクリーンの下にはスリムな通気口があり、その後に空調システムを制御するための多数のボタンとダイヤルが続きます。 後者は、自動車メーカーがそのようなコントロールをタッチスクリーンに統合している世界では古風に見えるかもしれませんが、機能をオン/オフするためだけに画面を何度もタップしたくないというケースがまだあります.

他の場所では、11 インチの別のディスプレイがデジタル インストルメント クラスターとして機能しますが、ステアリング ホイールには多くのボタンがありません。 2 段式のセンター コンソールにはボタンがまったくなく、代わりに電子パーキング ブレーキ (オート ホールド付き)、スポーツ モード、レーン センタリングのコントロールがドライバーの左側に配置されています。

ホンダは、今後数か月でプロローグの詳細を発表すると言っているので、それについてもっと知るのを待つ必要があります. 自動車メーカーは、2050 年までにすべての製品と企業活動のカーボン ニュートラルを達成するという世界的な目標を設定し、2030 年までに 30 台の新しい EV を世界的に導入する予定です。

北米では、e:Architecture に基づくホンダ モデルの販売が 2026 年に開始される前に、Prologue がイニシアチブをリードします。翌年、同社は GM と共同開発した手頃な価格の EV の新しいシリーズを販売する予定です。 EV の展開をサポートするために、LG Power Solution との合弁会社がすでに設立されており、ホンダとアキュラの EV モデルに電力を供給するリチウムイオン電池を米国で生産しています。



コメントする