レーシング チームのボスは、EV が 2025 ~ 26 年までに ICE と同等のコストに達すると見ています。



ロンドン — 電気自動車の製造コストは、2025 年から 2026 年頃までに内燃自動車と同等に達すると、火曜日の Envision Racing 予測の責任者は述べています。

フォーミュラEのエンビジョン・レーシングのマネジングディレクターであるシルヴァン・フィリッピは、内燃機関車の製造コストが上昇していることを考えると、伝統的な車を電気自動車よりも製造するほうがすぐに高価になるだろうと語った.

「2025年から2026年にかけて…先進国では、供給側で平準化が見られるようになるだろう」とフィリッピ氏は火曜日のロイターインパクト気候会議でのインタビューで述べ、ステッカー価格の平準化は総所有コストを意味すると付け加えた。低くなる。

「それが転換点です。それが起こり、これらの車を大規模に製造できるようになると、水門が開かれます」とフィリッピは言いました。

「その段階で、内燃機関車を購入するのは非常に悪い考えです。なぜなら、これらの車の元の価値は何もないからです。それは本当に悪い資産になり、移行は非常に急速に加速すると思います。」

コンサルタントの AlixPartners が今年初めに発表した調査によると、ほとんどの主要市場で需要が加速しているため、電気自動車 (EV) の販売は 2028 年までに世界で 33%、2035 年までに 54% に達する可能性があります。

EV は、昨年の世界販売の 8% 未満を占めており、2022 年の第 1 四半期には 10% 弱を占めています。

その需要をサポートするために、自動車メーカーとサプライヤーは現在、EV に少なくとも 5,260 億ドルを投資することを期待しています。 電池 AlixPartners によると、2022 年から 2026 年にかけて、2020 年から 2024 年にかけての 5 年間の EV 投資予測である 2,340 億ドルの 2 倍以上になります。

関連ビデオ:

コメントする